このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

北海道農政事務所メールマガジン「ホカグリ通信」第24号

目次

【1】ホカグリ情報局
【2】現場のきら星☆  「あずまや東谷農園」東谷弥生さん
【3】地方参事官こぼれ話 吉光成人(釧路地域拠点)
【4】イベント情報

1.ホカグリ情報局


(1)【追加公募】有機JAS認証等取得支援等支援事業の公募について

農産物等の輸出拡大に向け、有機JAS認証およびGLOBALG.A.P.認証の取得のための必要な取組を支援します。【申込期限:平成30年5月31日(木曜日)午後5時】

(2)農商工等連携促進法に基づく「農商工等連携事業計画」の認定について(平成30年度第1回)

農林水産省北海道農政事務所及び経済産業省北海道経済産業局は、平成30年4月4日付けで、農商工等連携促進法に基づき「農商工等連携事業計画」3件の認定を行いました。

(3)六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定について(平成30年4月)

北海道農政事務所は、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律」(六次産業化・地産地消法)の規定に基づき、申請された「総合化事業計画」1件を認定しました。これにより、北海道における総認定件数は158件(総合化事業計画157件、研究開発・成果利用事業計画1件)となりました。

(4) 統計情報

(6)消費税軽減税率制度について(再掲載)

平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm

(7)農林水産省広報誌「aff(あふ)」をぜひご覧ください。

今月の特集は「木って生かす」です。
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html


 

 2.現場のきら星☆

★今月のキラ星・・・「あずまや東谷農園」東谷弥生さん

厚沢部町の旭丘で農業を営んでいる「東谷農園」の東谷弥生さんは、東京や札幌でパッケージデザイン等に携わった後、平成11年にUターンし、実家の農業を手伝いながら、地元農産物を乾燥野菜やジャム等に加工して販売しています。
平成12年に自家用として作っていた干しダイコンを近所の方へ譲ったところ思いのほか好評だったため、自宅前の野菜直売所で販売のほか、道の駅でパック詰めした商品の販売を開始。
平成21年に廃校となった学校を利用した加工施設に機械を自費導入し、みそや漬物などの営業許可を取得。現在は乾燥野菜、ジャム、あじ味噌、漬物などを製造し、自宅前直売所、道の駅あっさぶ、北海道どさんこプラザ、インターネットサイト「東谷農園」等で販売しており、平成29年度「女性・高齢者チャレンジ活動表彰」(道主催)において優秀賞を受賞しました。
今後も加工品づくりを続け、厚沢部産野菜のおいしさを多くの人に届けていきたいと抱負を話してくれました。
(参考)
東谷農園webサイト
 https://azumayanouen.thebase.in/

3.地方参事官こぼれ話

★今月の地方参事官・・・釧路地域担当吉光成人(地方参事官・釧路地域拠点)

  皆様はじめまして。この4月に釧路地域担当を拝命しました吉光(よしみつ)です。出身は九州(福岡県福岡市)です。
  北海道に勤務するのは今回が初めてです(ちなみに、これまでの最北?は埼玉県さいたま市、最南?は長崎市、前任地は千葉県栄町です。前任地では、町役場に派遣され「地方創生」関係の仕事をしていました。)。
  初めての釧路の印象は、「寒い」「広い」「美味い」でした。4月1日、期待と不安を胸に、桜の花びらが舞い散る初夏のような千葉を離れ、大汗をかきつつ羽田空港から飛行機に乗り、釧路空港に降り立った途端、真冬のような寒さに驚き、空港連絡バスの車窓から見た北の大地の景色の雄大さに感心し、食事のあまりの美味しさに驚嘆しました。酪農地帯ということで、地元の牛乳を飲んでみると、甘くてクリーミーで香り高く上品な味わいで、かつて飲んだことがある牛乳とは全く違うのにも驚きました。前任地での地方創生の仕事の経験からみて、釧路地域は「地域の宝」がいっぱいだな、と思った次第です。
  最後になりますが、着任してから管内の市町村長さん、JAの組合長さんの方々とお話をさせていただき、地域のこと、地域や農業に携わる方々が抱える課題など、様々なことを聞かせていただきました。まだまだ十分把握できていないことが多々あると思いますので、今後とも、様々な機会を通じていろいろな方にお話をお伺いしたいと考えています。引き続き北海道農政事務所、そして釧路地域拠点をよろしくお願いします。


   各地域拠点では、Webサイトを開設しています。地域の優良取組や身近な情報の発信などを行っているほか、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています(地方参事官ホットライン)。ぜひご利用ください。

札幌)  (函館)  (旭川)  (帯広)  (釧路)  (北見

 

4.イベント情報


(1)【札幌市】宇宙産業政策パッケージ説明会の開催について【平成30年5月10日(木曜日)】

経済産業省及び内閣府では、衛星データの利活用促進に向けて様々な政策を講じているところであり、各地域にて、宇宙産業政策の動向や関連政策周知のための説明会を下記のとおり開催する事となりました。衛星データの利活用促進に向けた、宇宙産業支援策にご関心を持つ民間企業や自治体、産業支援機関等、多くの方々のご参加をお待ちしております。【申込締切:平成30年5月8日(火曜日)】
詳しくは下記Webサイトをご覧ください。
http://www.hkd.meti.go.jp/hokim/20180416/index.htm

 


 

  編集後記

【男の子】
私の住んでいるマンションに小さな男の子がいるのですが、いつも仕事が終わって家に着く頃にマンションの下にあるブランコに乗りながら手を振ってくれます。いい子だなと思っていたのですが、母親にそのことを伝えると「そんな子見たことないよ」と言われました。それ以来、その男の子を見ることはありませんでした…という夢を見ました。

             (担当:北田)

======================================================================

次回は5月下旬に配信を予定しています。

バックナンバーはこちら
登録解除や他のメールマガジンの購読をご希望の方はこちら
======================================================================
編集・発行:農林水産省北海道農政事務所 企画調整室

  このメールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。
  本メールマガジンに関するご意見・ご感想をお寄せください。
  TEL:011-330-8801 FAX:011-552-0530
  E-mail:merumaga@hokkaido.maff.go.jp

  


 

お問合せ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-552-0530