ホーム > 報道・広報 > メールマガジン > 北海道農政事務所メールマガジン「ホカグリ通信」  > 創刊号(平成28年8月31日)


ここから本文です。

更新日:平成28年8月31日

担当:企画調整室

創刊号(平成28年8月31日)

「ホカグリ通信」の創刊に当たって

  8月17日から台風が相次いで本道に上陸し、道内各地で大雨等により農業被害が発生しました。被害に遭われた皆様に心からお見舞いを申し上げます。

  さて、農林水産省では、農政を「現場に伝える」、「現場の声を汲み上げる」、「現場と共に解決する」役割を担う地域拠点を設置し、地方参事官を配置しています。合わせて、「地方参事官ホットライン」を設置し、皆様からの農政に関するご相談、事業や制度へのご質問等を受け付けています。

  北海道農政事務所では、今般、こうした取組に加え、現場の皆様との双方向でのやりとりを強化するため、地域拠点別ホームページのリニューアルとともに、現場と農政を結ぶメールマガジン「ホカグリ通信」を創刊することとしました。

  「ホカグリ」とは、北海道(ホッカイドウ)農業に携わる多くの方に、農業・農政(アグリ)情報をお伝えするという本メールマガジンの趣旨からとった造語で、皆様の取組に役立つ「ホカホカ」の選りすぐり情報をお届けするという意味も込めています。

  農林水産省の政策や事業の情報から、各地域拠点管内の身近な情報まで、コンパクトにお届けしますので、ぜひご愛読ください。

 

  北海道農政事務所長         鶴見   和良

目次

【1】ホカグリ情報局

【2】現場のきら星☆ファーマーズ

      勝部征矢さん(栗山町)

【3】地方参事官こぼれ話

【4】イベント情報

 

 1.ホカグリ情報局

農政に関係する新着情報などを、ピックアップしてお知らせします。

(1)平成29年度農林水産予算概算要求について

【速報】農林水産業の成長産業化と活力ある農山漁村の実現に向けた2兆6,350億円の平成29年度予算概算要求の概要についてお知らせします。

http://www.maff.go.jp/j/budget/index.html

----------------------------------------------------------------------

(2)平成28年度農林水産関係補正予算の概要について

前年度を上回る総額5,739億円の補正予算が閣議決定されました。

http://www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/index-1.pdf

---------------------------------------------------------------------

(3)平成27年度北海道食料・農業情勢報告を公表しました

北海道の食料と農業について、平成27年度における動向を取りまとめました。

http://www.maff.go.jp/hokkaido/kikaku/280630zyouseihoukoku27.html

----------------------------------------------------------------------

(4)平成28年度産地活性化総合対策事業のうち生産システム革新推進事業(GAP体制強化・供給拡大事業(販路拡大等を目指したGAPの普及推進事業))の追加公募について

「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に則したGAPの普及・導入を推進するとともに、流通業者や小売業者等の要求に対応できるようGAPの質を向上し販路拡大を図る取組を支援します。

(公募期間:平成28年8月23日から平成28年9月20日まで)

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/160823_1.html

----------------------------------------------------------------------

(5)平成28年度産地活性化総合対策事業のうち新品種・新技術活用型産地育成支援事業(産地ブランド発掘事業)の追加公募について

「強み」のある産地形成に資する品種・技術の発掘・評価を通じて、生産者と実需者とのマッチングを推進し、生産者と実儒者をはじめとする関係者のコーディネートによりコンソーシアム候補の形成を図る取組を支援します。

(公募期間:平成28年8月25日から平成28年9月13日まで)

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/160825_1.html

----------------------------------------------------------------------

(6)平成28年度産地活性化総合対策事業のうち国産花きイノベーション推進事業に係る追加公募について

生産者、研究機関、流通関係者、販売事業等花き業界関係者が一同に会した地域協議会等により、国産花きの強みを活かす生産・供給体制の強化と需要拡大に向けた取組等を支援します。

(公募期間:平成28年8月25日から平成28年9月15日まで)

http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/160829_1.html

----------------------------------------------------------------------

 〇農林水産省広報誌「aff(あふ)」をぜひご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html

 

〇なお、これ以外の情報については、農林水産省本省又は北海道農政事務所ホームページをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/

http://www.maff.go.jp/hokkaido/

 

2.現場のきら星☆ファーマーズ

農業経営の発展に向けた取組、地域を元気にする取組など、キラリと光る現場の取組を紹介します。

★今月のキラ星・・・<勝部農場代表理事勝部征矢さん(栗山町)>

 毎年、小麦だけを約180ha作付けしている、カリスマ小麦プロデューサー勝部さん。全国の著名な先進的な土づくり農家が師と仰ぐ、「土づくり」と「コスト意識」。

 勝部農場では、連作障害がなぜ起きないのか?なぜ、ここの麦だけ倒伏しないのか、平均を超える良品質の収量を維持できているのか。すべての意見交換の端々に出てきました。

 20年以上前に購入したトラクター・コンバインは、まだ現役であり、機械整備や改良を自ら行ってきたこと、排水向上のための圃場整備を自費で行ってきたこと、勝負は播種前の準備で7割決まることなどなど、幾度の失敗と経験に裏打ちされた勝部ロジックを、3時間に及び聞くことができました。その内容を、数編に分けてお届けします。(つづく)

 

3.地方参事官こぼれ話

地域拠点に常駐し、現場と農政を結ぶ役割を担う「地方参事官」から、身近なメッセージをお届けします。

★今月の地方参事官・・・函館地域担当宮崎久人

 この4月から函館地域を担当しております、宮崎県宮崎市出身の宮崎です。先日、今金町の農事組合法人に伺いました。男性8名、女性3名を構成員とする18年目の法人です。今までにも様々な法人に伺いましたが、事務所内が整理・整頓され綺麗なことに驚きました。女性が経営に積極的に参加している所はやはり違うなと思いました。

 色々な話を聞く中で、農業の町なのに農業のことを知らないのはおかしいと小学校の体験学習に積極的に取り組んでいること、多様な農作物を栽培することで地元の雇用確保にも取り組んでいること、有料ボランティアで除雪も行っていることなど地域貢献にも積極的に携わっている話を聞き、感心しました。

 また、「今金だんしゃく」は守り抜いていくと笑いながらおっしゃった言葉が頼もしく格好よく感じました。

 これからも多くの農業者の皆様のお話を聞き、道南農業の発展に貢献できるよう微力ながら頑張りたいと思います。函館地域の皆様どうぞよろしくお願いします。

 

 *宮崎地方参事官の「みやざき」の「さき」は、つくりの上が「立」です。

----------------------------------------------------------------------

 

各地域拠点では、ホームページを開設しています。地域の優良取組や身近な情報の発信などを行っているほか、農政に関するご相談、事業や制度へのご質問などを受け付けています(地方参事官ホットライン)。ぜひご利用ください。

(札幌地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/sapporo/index.html

(函館地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/hakodate/index.html

(旭川地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/asahikawa/index.html

(帯広地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/obihiro/index.html

(釧路地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/kushiro/index.html

(北見地域拠点)http://www.maff.go.jp/hokkaido/kitami/index.html

 

4.イベント情報

農林水産省が道内で開催する説明会やセミナー等を紹介します。

----------------------------------------------------------------------

【札幌】「平成29年度6次産業化支援対策予算等に関する北海道ブロック担当者会議」の開催について(9月12日)

6次産業化に関する概算要求の内容等について説明会を開催します。

http://www.maff.go.jp/hokkaido/suishin/6zisanngyouka/heisei29nenndogaisannyoukyuu.html

----------------------------------------------------------------------

【札幌】「みんなではぐくむ♪にっぽんの食in北海道」の開催について(9月9日~10月1日)

北海道・地域産品の魅力を発信するイベントです。

http://www.maff.go.jp/hokkaido/press/anzen/seikatsu/160822.html

 

編集後記

 このメールマガジンは、現場の皆様との双方向の情報共有化のため、創設したものです。現場と農政を結ぶツールとして育てていきたいと考えておりますので、ぜひご愛読ください。(担当者一同)

 

======================================================================

 次回は9月30日配信予定です。

  バックナンバーはこちら

   http://www.maff.go.jp/hokkaido/merumaga/hok_agri_tsuushin.html

 

  登録解除や他のメールマガジンの購読をご希望の方はこちら

   http://www.maff.go.jp/hokkaido/merumaga/index.html

 

======================================================================

  編集・発行:農林水産省北海道農政事務所企画調整室

  このメールマガジンに掲載された記事の無断転載を禁じます。

  本メールマガジンに関するご意見・ご感想をお寄せください。

  TEL:011-330-8801     FAX:011-552-0530

  E-mail:merumaga@hokkaido.maff.go.jp

 

 


 

 

ページトップへ

 

お問い合わせ先

企画調整室
TEL:011-330-8801
FAX:011-552-0530

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

北海道農政事務所案内

リンク集