このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

「十勝合宿2017」が開催されました

平成29年8月26日から29日の間、帯広畜産大学の農業サークル「あぐりとかち」(藤真実子代表)の主催する農業体験ツアー「十勝合宿2017」が開催されました。
この十勝合宿は、平成27年に、研究活動などを通じ交流した全国の農業関係の学生が十勝の農業に興味を持っていることを知った同サークルが、学生交流型の農業体験ツアーとして企画したもので、今回が2回目の開催となります。
今回は、「農家さん、参加学生、あぐりとかちの交流の場を創出する」ことと「参加学生は十勝ならではの大規模農業を体験し一消費者として生産者を知る手段を考え地元での今後の活動に活かす」ことを目的に、あぐりとかちメンバー25名、道内外4大学から14名の学生が参加しました。
参加した学生は、十勝管内の畑作農家(13戸)にファームステイし、ばれいしょ収穫などの農作業実習、生産者宅での生活体験や意見交換を行ったほか、研修牧場やチーズ加工施設などを見学しました。
最終日は、「農家、参加学生、あぐりとかち」の三者視点でワークショップを行い、「消費者に農業を伝えるには」「生産者の供給と需要の一致に向けて」といったテーマのもと、生産者、消費者を取り巻く現状や課題について理解を深め、学生による農業分野への支援・参画について議論を行いました。


撮影データ

◯撮影年月日:平成29年8月26日~29日
◯撮影場所:帯広畜産大学(帯広市)ほか


帯広畜産大学に集合する学生
帯広畜産大学に集合する参加学生
(写真提供:帯広畜産大学)
キャンパスツアー
合宿初日のキャンパスツアー
(写真提供:帯広畜産大学)

(上)生産者との意見交換
(右)ばれいしょ収穫体験
(写真提供:あぐりとかち)
最終日の取組について担当者が説明
ワークショップについて説明を受ける参加学生
4班に分散し活動報告を作成
ワークショップの様子
班単位で行われた活動報告
集まった意見を発表する参加学生
集合写真
「とかち」ポーズで記念撮影
























































お問合せ先

帯広地域拠点地方参事官室

TEL:0155-24-2401(代表)
FAX:0155-28-2428