このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

冷凍加工用枝豆の収穫・加工作業が急ピッチ

中札内村ではJA所有の大型ハーベスター3台で枝豆の収穫作業が急ピッチで行われています。
収穫した枝豆はすぐさまダンプに積み込まれ、村内にあるJA加工施設へ運ばれます。
加工施設では、枝豆に付着した汚れや毛を取り除き、洗浄、塩ゆで後、すぐに液体窒素で瞬間冷凍します。
液体窒素で瞬間冷凍することで、塩ゆでした枝豆を自然解凍した時に余分な水分が出ないため、“ゆでたて”、“とれたて”の色と味をキープすることができます。
今年の収穫は、8月23日から9月20日頃まで550haを予定しており、村内の一番遠いほ場からでも収穫から冷凍加工処理まで、3時間以内に完了することが可能な体制です。


撮影データ

◯撮影年月日:平成29年8月30日(水曜日)、9月11日(月曜日)
◯撮影場所:中札内村


収穫前の枝豆

収穫を待つ枝豆
枝から取られた枝豆が飛んでいます
茎から外された房が飛んでいます
(横からは葉が落ちます)
3台で一気に収穫していきます
3台の収穫機で一気に刈り取り
ダンプへ積み込みます
横付けしたダンプへ積み込み
ダンプから加工施設へ
ダンプから加工施設のホッパーへ投入
ベルトコンベア
ベルトコンベアで加工施設内へ







































お問合せ先

帯広地域拠点地方参事官室

TEL:0155-24-2401(代表)
FAX:0155-28-2428