ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「農観連携フォーラム2016~北海道の食と景観を活かした6次産業化に向けて~」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年6月14日

北海道農政事務所

「農観連携フォーラム2016~北海道の食と景観を活かした6次産業化に向けて~」の開催について<開催終了>

北海道農政事務所は平成28年7月14日(木曜日)、北海道自治労会館4階ホールにおいて、「農観連携フォーラム2016~北海道の食と景観を活かした6次産業化に向けて~」を開催します。

1.概要

国産農産物の消費拡大に向けた取組を促進するため、農林漁業者、観光事業者、地域の関係者の皆様との連携により、北海道の魅力ある農林水産物と農山漁村の景観等を活かした6次産業化と観光地域づくりを目指し、農業観光のニーズや将来展望、取組課題を共有するため、「農観連携フォーラム」を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成28年7月14日(木曜日)13時30分~16時30分 (受付開始 :13時00分)

場所:北海道自治労会館4階ホール(札幌市北区北6条西7丁目5月3日)

3.プログラム

(1)講演「農業観光のニーズと将来展望について」

 株式会社JTB総合研究所執行役員コンサルティング第一部長

 主席研究員篠崎宏氏

(2)情報提供

国土交通省北海道運輸局観光部、農林水産省農村振興局都市農村交流課

(3)パネルディスカッション

「食と景観を活かした農業観光の取組と課題解決に向けて」

・コーディネーター

慶應義塾大学大学院SDM研究科 特任教授及び

 北海道大学大学院農学研究院客員教授林美香子氏

・パネリスト

株式会社JTB総合研究所執行役員コンサルティング第一部長

主席研究員篠崎宏氏

有限会社伊藤畜産代表取締役伊藤泰通氏

美瑛ファーマーズマーケット株式会社代表取締役福村泰司氏 

4.参加可能人数

150名参加費無料

(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。)

5.参加申込要領

(1)申込期限平成28年7月7日(木曜日)17時

(2)申込方法添付資料の参加申込書に必要事項を記入の上、FAX又は電子メール

によりお申し込みください。

(3)申込先農林水産省北海道農政事務所

生産経営産業部事業支援課(担当:牧枝、吉田)

〒064-8518

札幌市中央区南22条西6丁目2月22日エムズ南22条第2ビル

TEL:011-330-8810

FAX:011-520-3063

E-mail : shokuiku@hokkaido.maff.go.jp

※本メールアドレスは、参加申込専用となっております。

 

6.報道関係者の皆様へ

取材される場合は、添付資料の取材申込書に必要事項を記入の上、平成28年7月7日

(木曜日)までに、FAX又は電子メールによりお申し込みください。

 

お問い合わせ先

生産経営産業部  事業支援課  
食育担当: 牧枝、吉田

TEL:011-330-8810
FAX:011-520-3063

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

北海道農政事務所案内

リンク集