このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

地域で頑張る農業者と先進農業技術を結ぶセミナーの開催について

  • 印刷
平成29年10月20日
北海道農政事務所
北海道農政事務所旭川地域拠点では、今後の地域農業の活性化に向けて、経営的な独立を目指す新規就農者及び既に就農している若手農業者の持つ課題解決の一助となるような農業分野における先進技術を紹介し、農業者と農業ICT技術の研究開発を行う業者とを結ぶことを目的にセミナーを開催します。

1.概要

農業就業者の減少に歯止めがかからない状況にある中、新技術の導入による労働力の補完と営農管理の補助は投資以上の恩恵を得られる可能性を持っています。
特に、新規就農を目指す若者においては篤農家が持つ既知の栽培管理の判断「匠の技」をデータにより確認できるため、就農の初期段階からの経営安定に寄与するものとして、先進技術を取り入れた農業者の事例を紹介し、活用の促進を図ることとし、さらには、農業者と革新技術開発を行う業者が継続して話し合い、地域農業が抱える課題を業者に提案する環境を作ることで、真に必要な革新技術の開発を行うことにより地域農業の維持・発展を目指します。

2.開催日時及び会場等

日時:平成29年11月28日(火曜日) 13時00分~15時30分

会場:道北地域旭川地場産業振興センター(道の駅あさひかわ)
所在地:旭川市神楽4条6丁目1番12号
定員:150名(定員になり次第、参加受付を終了しますのでご了承ください。)参加料は無料です。

3.主催

農林水産省北海道農政事務所 旭川地域拠点

4.後援

上川地区農業協同組合長会
国土交通省北海道開発局旭川開発建設部、国土交通省北海道開発局留萌開発建設部、国土交通省北海道開発局稚内開発建設部
上川総合振興局、空知総合振興局、宗谷総合振興局、留萌振興局
セキュアドローン協議会

5.セミナー内容

■ 農林水産省からの情報提供(13時05分~13時50分)
 「農業分野におけるICT活用の現状と課題」
  生産局技術普及課課長補佐(スマート農業推進班担当)齊賀 大昌 氏

■ 農業者からの事例発表及び意見交換(14時00分~15時30分)
 ・RTK基地局の運用とGPSトラクタの活用(JA北ひびきICT研究会)
 ・産業用マルチコプターの活用と今後の展望(有限会社 市川農場)
  ※ 講演者、事例発表者及び演題は都合により変更となる場合があります。

■ 先進農業機器の実機展示(開場12時00分~閉場16時00分まで)
 ・GPSガイダンス搭載トラクタ、ドローン・産業用マルチコプター、
  園芸ハウス自動管理、水田管理用センサー、作業記録・管理ソフト、
  軽労化アシストスーツなど
 (農業機器展示の観覧は登録不要、どなたでも自由にご覧いただけます。)

6.参加申込方法

以下の方法により平成29年11月20日(月曜日)までにお申し込み下さい。

(1)FAXによる申込方法 
添付資料「地域で頑張る農業者と先進農業技術を結ぶセミナーパンフレット」裏の参加申込書に必要事項をご記入いただき、FAXにてお申し込み下さい。
FAX:0166-30-9305

(2)電子メールによる申込方法
メールの件名に「セミナー参加申込」と明記の上、本文に所属団体・役職・氏名・連絡先をご記入下さい。
メールアドレス:asahikawashikyoku@hokkaido.maff.go.jp

お申し込み時にいただいた個人情報については、本セミナーに関する連絡及び出席の確認以外には使用いたしません。

報道関係者の皆さまへ
取材を希望される場合は(1)又は(2)のいずれかにより参加のお申し込みをお願いします。

添付資料

地域で頑張る農業者と先進農業技術を結ぶセミナーパンフレット(PDF : 249KB)

お問合せ先

旭川地域拠点地方参事官室
担当者:今野、渡邉
TEL:0166-30-9300
FAX:0166-30-9305