このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

「インバウンド農観連携セミナー」の開催について

  • 印刷
平成29年10月19日
北海道農政事務所 帯広地域拠点
農林水産省北海道農政事務所帯広地域拠点は、平成29年11月17日(金曜日)に、帯広市「とかち館」において、「インバウンド農観連携セミナー」を開催します。

1.概要

 北海道を訪問される外国人観光客(いわゆるインバウンド)は年々増加の一途ですが、そのうち十勝地域を訪問される方はわずかにとどまっています(宿泊延べ数では道全体の約3%)。
 そうした中、平成28年11月、十勝地域は、地域の食とそれを生み出す農林水産業を核として、訪日外国人を中心とした観光客の誘致を図る取組である「SAVOR JAPAN」に北海道で唯一認定されました。
 また、去る10月5日には、帯広市において「北海道十勝フード&ワインフェスティバル・シンポジウム」が「SAVOR JAPAN」に連携して開催されたところです。
 今般、インバウンドに関わる官民の関係者が一堂に会し、「食料基地十勝」の強みである「食」を活かした更なるインバウンド誘致を目指し、「インバウンド農観連携セミナー」を開催いたします。

2.開催日時及び場所

(1)日時:平成29年11月17日(金曜日)14時00分~17時00分 受付:13:30
(2)場所:とかち館 2F 金糸の間(住所:帯広市西7条南6丁目2)
(3)定員:約110名
(4)参加無料
(5)主催:北海道農政事務所帯広地域拠点
                 食と農の景勝地・十勝協議会
        後援:北海道十勝総合振興局
                 十勝観光連盟
                 北海道十勝フード&ワインフェスティバル実行委員会
                 株式会社デスティネーション十勝
        協力:帯広信用金庫
※駐車場には限りがございますので、公共交通機関のご利用をお願いします。

3.プログラム

(1)開演 14時00分
(2)開会挨拶
    北海道農政事務所地方参事官(帯広地域担当)
(3)1部:プレゼンテーション
        「SAVOR JAPANトーク」
     食と農の景勝地・十勝協議会 野村文吾理事長
     農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課西経子課長
       (SAVOR JAPAN(セイバー・ジャパン)とは、地域の食やそれを支える農林水産業、伝統文化等を活用して、訪日外国人旅行者を誘客する
   地域の優れた取組を農林水産大臣が認定する制度です。)

(4)2部:パネル・ディスカッション&全体討論
         テーマ:「今、「食」観光で十勝がなすべきこと、そして将来」
    【コーディネーター】
    株式会社北海道宝島旅行社 代表取締役社長 鈴木宏一郎 氏
    【パネリスト】
    農業生産法人株式会社 オークリーフ牧場 代表取締役 柏葉晴良 氏
    株式会社丸勝 専務取締役 梶原一生 氏
    株式会社いただきますカンパニー 代表取締役 井田芙美子 氏
    国立大学法人帯広畜産大学 講師 ディヴィッド・キャンベル 氏
    【アドバイザー】
    農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課 西経子 課長
(5)閉会 17時00分

4.申し込み方法

参加を希望される方は、申込書(添付チラシ裏面「参加申込書」)に必要事項を記入のうえ、平成29年11月10日(金曜日)までにFAXによりお申し込みください。宛先は、0155-28-2428(農林水産省 北海道農政事務所 帯広地域拠点 地方参事官室 宛)です。

5.報道機関の方へ

(1)本セミナーは公開といたします。カメラ取りは冒頭から終了まで可能です。ただし、取材に当たっては、主催者側の指示に従ってください。
(2)報道機関の方も、一般参加者と同様に、「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXによりお申し込みください。

6.添付チラシ

 セミナー案内・参加申込書(PDF : 824KB)

お問合せ先

北海道農政事務所帯広地域拠点

担当者:藤野、梅木
ダイヤルイン:0155-24-2401
FAX:0155-28-2428

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader