このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

平成29年産飼料用米、麦、大豆等の地域農業再生協議会別の作付動向について

  • 印刷
平成29年5月26日
北海道農政事務所
  北海道農政事務所は、本日、管内の地域農業再生協議会別の平成29年産主食用米、飼料用米、麦、大豆等の作付動向について、中間的取組状況(平成29年4月末現在)を取りまとめました。

1.  概要

  農林水産省では、平成29年産においても、各産地で主体的に需要に応じた生産に向けた取組が一層進められるよう、都道府県農業再生協議会及び地域農業再生協議会からの聞き取りに基づき、この度、第2回中間的取組状況として、都道府県別に加え、地域農業再生協議会別の4月末現在の作付動向を公表します。
  北海道農政事務所における、平成29年4月末現在の地域農業再生協議会別の主食用米の生産数量目標等の達成見込み及び飼料用米、WCS(稲発酵粗飼料)、麦及び大豆(二毛作を含む)の中間的取組状況(28年産実績と比較)は以下のとおりと見込まれます。



    ○北海道における地域農業再生協議会別の作付動向(平成29年4月末現在)


     
    ○北海道の29年産米等の地域別中間的取組状況(平成29年4月末現在)(PDF : 122KB)


2.  各都道府県、地域農業再生協議会別作付動向

    各都道府県及び他県における地域農業再生協議会別の作付動向については、以下を御参照ください。
  (農林水産省本省及び各農政局等のホームページへジャンプします)

(1)  各都道府県別

(2)  地域農業再生協議会別

    ・   東北ブロック

    ・   関東ブロック

    ・   北陸ブロック

    ・   東海ブロック

    ・   近畿ブロック

    ・   中国四国ブロック

    ・   九州ブロック

    ・   沖縄県

お問合せ先

北海道農政事務所生産支援課

担当者:上松、松山
ダイヤルイン:011-330-8807
FAX番号:011-330-8609