このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会IN北海道」の開催について

  • 印刷
平成29年10月31日
農林水産省
北海道農政事務所
農林水産省北海道農政事務所は、平成29年11月22日(水曜日)に、北海道立道民活動センター「かでるホール」において「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会IN北海道」を開催します。
本会議は公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.概要

近年、フードチェーンのグローバル化、複雑化に伴う流通過程の不透明化とともに、環境保全、人権保護等の持続可能性への意識の高まりといった背景の下で、消費者の不信・不安が拡大し、農林水産物の安全性や持続可能性へのニーズが高まってきているところです。
こうした状況の中で、フードチェーン全体での持続可能性の確保に向けて、生産現場では国際水準GAPの取組を進める必要があります。
生産現場での進捗状況に合わせて、国際水準GAPに取り組み生産された農畜産物のマーケットを計画的に拡大していく観点から、農畜産物の生産、流通、加工、小売、外食業者等を結集し、日本のフードチェーンにおけるGAPの価値の共有化を図ることを目的としたパートナー会を開催します。
会議の資料等については、会議終了後に北海道農政事務所webサイトで公表します。

2.日時及び場所

日時:平成29年11月22日(水曜日)13時30分~15時30分
会場:北海道立道民活動センター「かでるホール」
所在地:札幌市中央区北2条西7丁目

3.内容

(1)農業者からの取組紹介
(2)食品関連事業者からの取組紹介
(3)その他

4.参集範囲

(1)GAPにご関心のある以下の事業者
農業者、農業者団体
食品製造、卸売、小売、外食・中食等の事業者
(2)行政関係者、報道関係者、一般傍聴 等

5.参加可能人数

300名程度を予定しております。
※会場の収容人数を超えた場合、参加をお断りすることがありますので予めご了承ください。

6.参加申込方法

(1)申込方法
FAXによる申込方法:「8.その他」の添付資料「参加申込書」に必要事項を記入いただき、下記の宛先にFAXでお申し込み下さい(電話でのお申込みはお受けしておりません)。 北海道農政事務所生産経営産業部生産支援課宛て FAX:011-330-8609
インターネットによる申込方法:下記URLのお申込み画面に必要事項を記入いただき、送信ボタンを押してください。
申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokkaido/form/1711gap_applicationform.html
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、確認等御本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。
(2)申込締切日
平成29年11月20日(月曜日)17時00分必着です。

7.報道関係者の皆様へ

取材を希望される方は、「8.その他」の添付資料「取材申込書」に必要事項を記入いただき、申込締切日の17時までにFAXでお申込みください(電話でのお申込みはお受けしておりません)。
なお、取材に当たっては、北海道農政事務所担当者の指示に従ってください。

8.その他

<添付資料>
「GAPの価値を共有するフードチェーン連携パートナー会IN北海道」開催要項(PDF : 67KB)
参加申込書(PDF : 33KB)
取材申込書(PDF : 31KB)

お問合せ先

生産経営産業部生産支援課

     担当者:佐藤、中村、足立
     TEL:011-330-8807
     FAX:011-330-8609

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader