このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

「平成29年度飼料用米多収日本一」北海道農政事務所長賞の決定及び表彰について

  • 印刷
平成30年2月28日
農林水産省
北海道農政事務所
飼料用米については、「日本再興戦略」改訂2015(平成27年6月閣議決定)において、多収品種の開発やコストの削減、担い手への農地集積・集約化等を加速させ、10年後に生産性を2倍に向上させるとの目標を設定するなど、その本作化に向けた取組を進めているところです。
その取組の一環として、飼料用米生産農家の生産水準の向上を推進するため「飼料用米多収日本一コンテスト」を開催し、生産技術の面から先進的で他の規範となる経営体を全国又は各ブロックにおいて表彰し、その成果を広く紹介することとしております。
北海道農政事務所におきましても、この趣旨に基づき、北海道内で優秀な成績を記録された経営体を表彰します。
この度、下記のとおり平成29年度飼料用米多収日本一コンテスト北海道農政事務所長賞の受賞者を決定し、表彰しますのでお知らせします。

1.北海道農政事務所長賞受賞者

平成29年度の受賞者は以下のとおりです。
単位収量の部
   多収品種部門                       田村秀二(たむらしゅうじ)    (美唄市)
   多収品種直播部門                 高橋義典(たかはしよしのり) (岩見沢市)
地域の単収からの増収の部
   多収品種部門                       永桶建弘(ながおけたてひろ) (岩見沢市)
   多収品種直播部門                 對馬徹(つしまとおる)          (北斗市)
敬称略

2.表彰式

(1)日時
  平成30年3月16日(金曜日)14時00分~16時00分(予定)

(2)場所
       TKP札幌駅カンファレンスセンター2A(札幌市北区北7条西2丁目9番地ベルヴュオフィス)

(3)式次第(予定)
    ・開会(14時00分)
    ・表彰(14時10分)
    ・講演(15時00分)「多収品種の栽培について」(仮題)
                                  講師:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
                                  北海道農業研究センター水稲育種グループ
    ・閉会(16時00分)

3.報道機関の皆様へ

表彰式の取材を希望される方は、別添「取材申込書」に、お名前、会社名、電話番号、テレビカメラの
有無等をご記入の上、平成30年3月14日(水曜日)までにFAXにてお申込みください。
添付資料
別添「取材申込書」(PDF : 50KB)



4.表彰審査実施要領等

飼料用米多収日本一北海道農政事務所長賞表彰実施要領(PDF : 70KB)

5.平成29年度飼料用米多収日本一の受賞者の決定及び表彰式の開催について

農林水産省webサイトへリンク
http://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/kokumotu/180223.html


お問合せ先

生産経営産業部生産支援課

担当者:森﨑・上野
ダイヤルイン:011-330-8807
FAX番号:011-330-8609