このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

北海道における濃厚飼料用とうもろこし生産拡大セミナーの開催について

  • 印刷
令和元年9月9日
北海道農政事務所
農林水産省北海道農政事務所は、令和元年10月25日に、北海道における濃厚飼料用とうもろこし生産拡大のためのセミナーを開催いたします。

1.目的

  輸入原料に過度に依存した畜産から国産飼料に立脚した畜産への転換を推進し、飼料自給率の向上を図るためには、自給飼料の利用を進め、輸入飼料の給与量低減に資する技術の普及を図ることが喫緊の課題となっている。
  このため、北海道において、近年、生産を実証的に開始している国産濃厚飼料(子実用とうもろこし及びイアコーンサイレージ)の生産・利用技術について、現地研究を行うものとする。

2.開催日時、場所

  日時:  令和元年10月25日 (金曜日) 10時00分~15時30分

  場所:  (1)  座学研究:北石狩農業協同組合3階大ホール  (石狩郡当別町錦町53番地57  (石狩当別駅の前) )
             (2)  現地研究:同農協生産者のほ場

  定員:  50名

3.主催

  (1)  主催:農林水産省北海道農政事務所
  (2)  共催:一般社団法人日本草地畜産種子協会

4.開催内容

  (1)  開会挨拶
        農林水産省北海道農政事務所                                          10時00分

  (2)  座学研究
        飼料用国産とうもろこしの生産及び利用促進に係る以下の講演等を行う。
        ア  我が国の飼料事情(国産濃厚飼料を巡る情勢)              10時05分~10時20分
             農林水産省北海道農政事務所
             生産経営産業部  担当者

        イ  飼料用とうもろこし播種時のカラス被害対策                 10時20分~10時40分
             独立行政法人家畜改良センター新冠牧場
             業務課  鈴木なな子  氏
      
        ウ  飼料用とうもろこしの栽培及び流通時のカビ毒対策        10時40分~11時00分
             国立研究開発法人農研機構東北農業研究センター
             畜産飼料作研究領域  飼料生産グループ  主任研究員  内野宙  氏

             休憩  (11時00分~11時10分)
       
        エ  子実用とうもろこしの栽培技術                                   11時10分~11時40分
             北海道立総合研究機構中央農業試験場
             農業環境部  環境保全グループ  研究主任  藤井はるか  氏

        オ  子実用とうもろこしの機械収穫技術                             11時40分~12時10分
             北海道立総合研究機構中央農業試験場
             生産研究部  生産システムグループ  主査  吉田邦彦  氏

             昼食  (12時10分~13時00分)
      
        カ  イアコーンサイレージとしての利用法 (収穫及び保管等)   13時00分~13時30分
             国立研究開発法人農研機構北海道農業研究センター
             酪農研究領域長  大下友子  氏

        キ  石狩管内における子実用とうもろこしの生産推進            13時30分~14時00分
             北石狩農業協同組合営農販売部  担当者

             休憩、バス乗車 (14時00分~14時10分)

  (3)  現地研究
        子実用とうもろこしを生産しているほ場での事例紹介及び当該事例に係る意見交換等を行う。
        子実用とうもろこしの収穫見学及び意見交換                      14時20分~15時20分

  (4)  閉会挨拶
        一般社団法人日本草地畜産種子協会                                 15時30分

5.参集範囲

   生産者、農協、農協連、市町村、都道府県、普及・研究機関、関係団体等

6.セミナー参加 (受講) 料

   無料   (ただし、旅費等参加に要する経費は自己負担)

7.参加申し込み方法

  (1)  インターネット(参加申込フォームより申込み)、又はFAX (添付の「参加申込書)」) によりお申し込み願います。
        参加申込フォーム:https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokkaido/form/190909.html
        
  (2)  参加申込締切日:令和元年10月11日 (金曜日)17時15分必着
  (3)  申込書の送付先:農林水産省北海道農政事務所生産経営産業部生産支援課宛  (FAX:011-330-8609)

8.報道関係者の方へ

(1) カメラ撮影は、冒頭のみ可能です。ただし、取材に当たっては、北海道農政事務所担当者の指示に従ってください。
(2) 取材を希望される場合は、添付の「参加申込書」の余白に「報道関係者」であることがわかるよう御記入の上、FAXによりお申込みください。

9.その他

 (1)  座学研究会場の駐車場について
       駐車場台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。
       また、お車でお越しの際はできるだけ乗り合わせてお越し下さい。
       (北石狩農協業同組合は隣に駐車場がございます。別添地図を参照願います。)
       別添地図(PDF : 78KB)
      ※駐車場からは座学研究会場への「案内目印」をご参照下さい。

 (2)  現地研究会場 (農場) への移動手段について
       現地研究参加者は全員「貸切バス」にご乗車いただき農場へ移動しますので、駐車場に待機している「貸切バス」にご乗車下さい。
       なお、このバスは現地研究終了後、北石狩農業協同組合「駐車場」まで運行いたします。
 
 (3)  昼食について
       お弁当を希望される方は、参加申込書に弁当購入の有無を記入して下さい。
       なお、お弁当代金(1,000円程度を予定(飲み物付き))は、当日、受付の際に徴収させて頂きます。
       (領収書も発行させて頂きます。)

添付資料

参加申込書(エクセル)(EXCEL : 13KB)
参加申込書(PDF)(PDF : 90KB)

お問合せ先

生産経営産業部生産支援課

担当者:白石、真坂
TEL番号:011-330-8807 
FAX番号:011-330-8609

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader