ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 「エゾシカシンポジウム」開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年2月9日

北海道農政事務所

「エゾシカ活用セミナー」の開催について<開催終了>

農林水産省北海道農政事務所、林野庁北海道森林管理局、国土交通省北海道開発局及び占冠村は、3月10日(火曜日)に北海道札幌市において「エゾシカ活用セミナー」を開催します。

定員に達したため、申込は終了しました。

1概要

野生鳥獣による農林水産業被害が全国的に深刻化している状況の中、北海道においては、エゾシカによる被害額が全体の9割を占め、農林業の被害のほか、エゾシカとの衝突による交通事故や、強度の採食や踏み付けによる生態系への影響などが深刻な社会問題となっており、エゾシカと良好な共生関係を築きつつ、こうした問題に適切に対応する必要があります。
このため、エゾシカの捕獲を強化し、個体数を管理する必要がある一方、捕獲されたエゾシカが資源であることを消費者に知っていただき、有効資源としての活用促進をするため、エゾシカ肉の栄養価や家庭での調理方法等を本セミナーで紹介します。 

2開催要領

開催日時、場所等

日時:平成27年3月10日(火曜日)14時00分~16時30分

場所:札幌パークホテル3Fパークホール

所在地:札幌市中央区南10条西3丁目1

定員:100名

参加費:無料

主催

北海道農政事務所、北海道森林管理局、北海道開発局、占冠村

プログラム

開会挨拶

第1部:エゾシカによる農林業被害の状況と有効活用に関するセミナー

(1)「エゾシカを活かして森林を守ろう」

講師:林野庁北海道森林管理局 計画保全部保全課

利用調整係長(エゾシカ担当)山田 晴康 氏

(2)「占冠村とエゾシカと人のかかわり」

講師:占冠村 林業振興室

 地域おこし協力隊中島 辰男氏

第2部:エゾシカ肉の消費拡大につなげる食育セミナー

講師:青山 則靖 氏(フードプロデューサー)

(1)エゾシカ肉を使用した料理の講演及び実演

(2)エゾシカ肉を使用した料理の試食会

 

3申込要領定員に達したため、申込は終了しました。

以下のお申込み先に、別添「チラシ・参加申込書」にお名前(ふりがな)、連絡先(電話番号、住所)を明記の上、インターネットまたはFAXにて、3月3日(火曜日)17時までにお申込みください(電話でのお申込みはご遠慮願います)。

ホームページからのお申込み

下記のお申込みフォームより、必要事項をご入力の上、お申込みください。

お申し込みフォーム

FAXでのお申し込み

以下のチラシ(2ページ目)に必要事項をご記入の上、送信(011-613-0818)して下さい。

エゾシカ活用セミナー:チラシ(PDF:778KB)

・お申込みは先着順とし、定員(100名)になり次第、受付を終了させていただきま

すので、あらかじめご了承ください。

・ご参加いただける方には、参加証を郵送いたします。

・ご記入いただいた個人情報は、セミナーの出席確認以外には使用いたしません。

 

4報道関係者の皆様へ

報道関係者でセミナーの取材を希望される方には、参加者と別に席をご用意いたします。

準備等がございますので、3月3日(火曜日)17時までに、参加申込みと同様にお申込みいただきますようお願いします。

その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。

また、当日は受付で記者証等の身分証を提示いただきますので、あらかじめご承知願います。

なお、撮影に際しては現地担当者の指示に従って下さい。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

北海道農政事務所企画調整室
担当者:蝦名、藤田
TEL:011-642-5433
FAX:011-613-0818

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

北海道農政事務所案内

リンク集