ホーム > 報道・広報 > 報道発表資料 > 農福連携セミナー「農福連携の地域づくり~地域における障がい者就農の仕組みづくり~」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成28年2月17日

北海道農政事務所

農福連携セミナー「農福連携の地域づくり~地域における障がい者就農の仕組みづくり~」の開催について<開催終了>

農林水産省北海道農政事務所は、農業分野と福祉分野のニーズや課題を的確に捉え、農福連携によって生じる相乗効果に期待し、その可能性を広く発信するため、双方向での積極的な連携に寄与することを目的として、平成28年3月3日(木曜日)に農福連携セミナー「農福連携の地域づくり~地域における障がい者就農の仕組みづくり~」を開催します。

1 概  要

 農福連携とは、働き手が不足している農業の課題と障がい者の経済的自立を進める福祉の課題を解決するため、双方が積極的に連携しようという取組であり、北海道農政事務所では、「北海道地域の農業分野における障がい者就労促進ネットワーク」を平成26年1月7日に設立し、会員の皆様と情報共有を図りながら、障がい者の働き場所づくり、あるいは居場所づくりを実現するため、農福連携を推進しているところです。
 このため、地域が支える障がい者就農の仕組みづくりを目指し、農福連携の裾野を広げる取組として、来場者も情報交換に参加できる「農福連携セミナー」を開催します。

2 開催要領

日   時:平成28年3月3日(木曜日)13時30分~16時30分
会   場:北海道自治労会館3F中ホール(札幌市中央区北6条西7丁目5ー3)
定     員:約100名
入 場 料:無料(要予約) 
主     催:農林水産省北海道農政事務所

基調講演:『農福連携の「里マチ」づくり』
講     師:濱田健司(はまだけんじ)氏 (一般社団法人JA共済総合研究所調査研究部主任研究員、
                                                               農林水産省農林水産政策研究所客員研究員、
                                                                  「農」のある暮らしづくりアドバイザー)

パネルディスカッション:『地域における障がい者就農の仕組みづくり』  
        パネリスト:池田秀敏(いけだひでとし)氏     (社会福祉法人はるにれの里ふれあいきのこ村所長)
                   竹内巧(たけうちたくみ)氏      (合同会社竹内農園代表社員)
                   小林洋伸(こばやしひろのぶ)氏  (今金町商工会事務局長)
                   濱田健司(はまだけんじ)氏          (兼コーディネーター)

情報交換:パネリストと来場者(45分程度を予定)

3 申込み方法

 参加を希望される方は、参加申込書に必要事項を記入の上、下記お問い合わせ先へFAXによりお申込みください。
 ※申込みは平成28年2月17日(水曜日)~2月29日(月曜日)まで受付します。
<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます)
開催案内及び参加申込書(PDF:241KB)

お問い合わせ先

企画調整室
担当:北脇、窪田
TEL:011-330-8801
FAX:011-552-0530

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

北海道農政事務所案内

リンク集