このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

「受け継ぎたい北海道の食」をテーマとした動画等の公募について

  • 印刷
平成30年7月10日
北海道農政事務所
北海道農政事務所は、北海道の食文化の保護・継承を目的とし、動画の一般応募及びコンテストを実施します。
(併せて、動画以外の素材についても募集します。詳細は別添写真等投稿要領のとおり。)

1.趣旨

  今般の食の多様化や家庭環境の変化等により、和食や郷土食などの食文化の存在感が薄れつつあり、次世代へのこれらの食文化の保護・継承は喫緊の課題である。
  このような中、地域住民自らが、地域の食文化や食材の存在、そしてその魅力に気づき、それらを広く地域内外に発信していくことが重要である。その際、食材や料理そのものだけでなく、それらを守り伝え続けてきた方々の技、真摯で活気ある姿を忘れてはならない。
  こうした観点から、北海道の食文化や地域に根ざした伝統料理・郷土料理等に対する関心度の向上を図り、保護・継承につなげていくことを目的として、今後も受け継いでいきたい北海道の食のおいしさやその食材・技術・背景等の魅力や、それを伝承している方々の熱意を伝える動画を広く国民から募集する。

2.募集内容

(1)応募資格
    どなたでも応募できます。(個人、団体、プロ、アマ、年齢を問わない)
    ただし、未成年者が応募する場合は、その旨、保護者の了承を得ること。

(2)応募数
    複数応募も可能です。

(3)応募作品のテーマ 
    「受け継ぎたい北海道の食~そのおいしさ、技、食材の魅力~」をテーマとする。
    たとえば、以下のようなものを対象とした内容の動画を募集する。(料理だけではなく食材そのものや加工したもの等を含む。)
    ・アイヌの方々から受け継ぐ料理や食材(オハウ、ルイベ、オオウバユリ、ギョウジャニンニクなど)
    ・母村(※)の食文化がそのまま伝承されているもの(様々なお雑煮、行事食など)
    ・北海道で独自に発展したと考えられるもの(三平汁、石狩鍋など)
    ・北海道内各地域に根ざした独自の料理等(ごっこ汁、豆漬け、コウレンなど)
    ・北海道内の地域の祭りなど行事と関わりのあるもの(でんぷん団子、ベコモチ、クジラ汁、いずしなど)
    ・北海道に特徴的な食材やその料理等(いくら、らわんぶき、札幌大球など)
      
     ※母村:北海道以外の都府県から北海道に移住してきた方々の出身地

(4)応募動画の仕様
     応募動画の仕様等については、以下(ア)~(カ)のとおり。
    (ア)YouTubeにアップロード可能なファイル形態とする。
    (イ)動画の長さは3分程度を基本とする。
    (ウ)実写、アニメーション、CG等は問わない。
    (エ)スマートフォンで撮影した動画の応募も可。
          ただし、音声の関係から、マイクを取り付けた上での撮影を推奨する。
    (オ)過去に撮影・編集された動画も応募可能。
          ただし、既発表の場合、他コンテスト等で入賞したものや版権等の条件があるもの(他の募集主体等に著作権のあるもの等)を除く。
    (カ)以下の動画は失格となる。
         ・誹謗、中傷、差別、わいせつ等を目的としたもの。
         ・政治活動や宗教活動に該当するもの。
         ・企業や商品の広告に直接該当するもの。
         ・法令等に違反する恐れのあるもの(立ち入り禁止場所や撮影禁止場所での撮影など)。
         ・その他、実施主体が不適切と認めるもの。

(5)応募方法
    動画が記録されたメディア(DVD、CD-R等)を、必要事項を記入した応募用紙(別添参照、動画1本につき1枚)とともに、(6)応募先まで郵送する。

(6)応募先
    〒064-8518
     北海道札幌市中央区南22条西6丁目2-22 エムズ南22条ビル 第2ビル4階
     農林水産省 北海道農政事務所 生産経営産業部 事業支援課
     「動画公募係」あて

     電話番号:011-330-8810

(7)応募締切り
    平成30年11月30日(金曜日)※郵送は必着とする。

 (注)著作権やその他応募に係る詳細については、動画応募要領(PDF : 156KB)を確認ください。


3.応募いただいた動画について

  別添動画コンテスト実施要領により審査を実施し、入賞作品は、実施主体及び関係機関が発行する各種印刷媒体、Webサイト(北海道農政事務所Webサイトや食料産業局Facebook等)、イベント等での上映、などにより、広く紹介する。
  また、一部の動画については、可能な範囲で素材を活用のうえ、北海道の食文化の魅力を伝えるための動画に編集し、農林水産省公式YouTubeチャンネル「maffchannel」により情報発信する。
※応募動画の著作権は応募者に帰属する。
  ただし、応募があった時点で、実施主体及び実施主体の許可した団体に対し、応募者の許諾を要することなく無償で、Web上(農林水産省公式YouTubeチャンネル「maffchannel」等)で公開することや、編集・加工すること、各種PRイベント等で利用することなどに許可を与えたものとする。

4.審査及び表彰等

  審査員による厳正な審査を行い、入賞作品を決定する。

(1)審査基準
    ・北海道らしさが表現できているか(北海道ならではの食材・料理・食文化であることがわ
     かる内容となっているか)
    ・背景(生産から消費の流れ、歴史、伝承、地域環境等)を盛り込めているか
    ・動機付け(対象となっている料理等を、食べてみたい、作ってみたい、教わってみたいと
     思わせる)となる内容となっているか

(2)入賞点数
    ・優秀  数点
    ・優良  10点程度
    ・入選  若干数

(3)審査結果
    平成31年3月頃に北海道農政事務所Webサイトにて発表するほか、入賞者に直接連絡する。
    (連絡が取れない場合は、入賞取消しとなる場合がある。)

(4)表彰
    平成31年3月頃に北海道農政事務所等において実施予定。

   (注)その他コンテストの詳細については、動画コンテスト実施要領を確認ください。


5.添付資料

 ・動画応募要領(PDF : 156KB)
 ・別添応募用紙(WORD : 20KB)
 ・チラシ(PDF : 1,482KB)
 ・動画コンテスト実施要領(PDF : 96KB)
 ・動画以外の素材の投稿要領(写真等投稿要領)(PDF : 157KB)
 ・別添投稿票及び情報票(WORD : 24KB)

6.関連するWebサイト等

  応募いただいた動画のうち、コンテストで入賞した作品については、食料産業局Facebook等で平成31年3月頃に公開予定です。
  食料産業局公式FaceBook(https://www.facebook.com/maff.shokusan

  3.応募いただいた動画についてで記載のとおり、北海道農政事務所において、応募いただいた一部の動画については、その素材を活用の上、編集し、北海道の食文化の魅力を発信するための動画等を製作いたします。
  製作した動画の公開は、平成31年3月頃を予定しており、完成次第、 農林水産省公式YouTubeチャンネル「maffchannel」により公開していく予定です。
  農林水産省公式YouTubeチャンネル「maffchannel」(https://www.youtube.com/channel/UCDrlZ0fFFrVkhaV4rFKba9w

  その他、農林水産省では、以下のサイトにおいて、北海道の食文化や食育の推進、北海道産農林畜水産物の消費拡大に向けた取組など、様々な情報を発信しています。
  北海道農政事務所 食育ページ(http://www.maff.go.jp/hokkaido/suishin/shokuiku/shokuikutop.html
 

7.実施主体等

  実施主体:農林水産省 北海道農政事務所
  協力:北海道

お問合せ先

生産経営産業部 事業支援課

担当者:動画公募係(近藤、春田)
ダイヤルイン:011-330-8810
FAX番号:011-520-3063