このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

令和元年度「受け継ぎたい北海道の食」動画コンテストの開催について

  • 印刷
令和元年7月16日
北海道農政事務所
北海道農政事務所は、北海道の食文化の保護・継承を目的とし、動画の一般応募及びコンテストを実施します。

1.趣旨

  食の多様化や家庭環境の変化等により、伝統料理や郷土食などの存在感が薄れつつあり、これら食文化の保護、次世代への継承は喫緊の課題である。
  そのためには、地域住民自らが、地域の食文化や食材の魅力に気づき、それらを守り伝え続けてきた方々の技、真摯で活気ある姿を広く発信していくことが重要である。
  こうした観点から、受け継いでいきたい北海道の食のおいしさと技術、食材の魅力、そしてその熱意ある背景を伝える動画を広く募集する。

2.募集内容

(1)応募資格
    どなたでも応募できます。(個人、団体、企業、プロ、アマ、年齢を問わない)
    ただし、未成年者が応募する場合は、その旨、保護者の了承を得ること。

(2)応募数
    複数応募も可能です。

(3)応募作品のテーマ 
    「受け継ぎたい北海道の食~そのおいしさ、技、食材の魅力~」をテーマとする。
    たとえば、以下のようなものを対象とした内容の動画を募集する。(料理だけではなく食材
  そのものや加工したもの等を含む。)
    ・アイヌの方々から受け継ぐ料理や食材(オハウ、ルイベ、オオウバユリ、ギョウジャニン
      ニクなど)
    ・母村(※)の食文化がそのまま伝承されているもの(様々なお雑煮、行事食など)
    ・北海道で独自に発展したと考えられるもの(三平汁、石狩鍋など)
    ・北海道内各地域に根ざした独自の料理等(ごっこ汁、豆漬け、コウレンなど)
    ・北海道内の地域の祭りなど行事と関わりのあるもの(でんぷん団子、ベコモチ、クジラ
      汁、いずしなど)
    ・北海道に特徴的な食材やその料理等(いくら、らわんぶき、札幌大球など)
      
     ※母村:北海道以外の都府県から北海道に移住してきた方々の出身地

(4)応募動画の仕様
     応募動画の仕様等については、以下(ア)~(カ)のとおり。
    (ア)YouTubeにアップロード可能なファイル形態とする。
    (イ)動画の長さは3分程度とする。
    (ウ)実写、アニメーション、CG等は問わない。
    (エ)スマートフォンで撮影した動画の応募も可。
          ただし、音声の関係から、マイクを取り付けた上での撮影を推奨する。
    (オ)過去に撮影・編集された動画も応募可能。
          ただし、既発表の場合、他コンテスト等で入賞したものや版権等の条件があるもの
         (他の募集主体等に著作権のあるもの等)を除く。
    (カ)以下の動画は失格となる。
         ・長時間に及ぶもの。
         ・誹謗、中傷、差別、わいせつ等を目的としたもの。
         ・政治活動や宗教活動に該当するもの。
         ・企業や商品の広告に直接該当するもの。
         ・法令等に違反する恐れのあるもの(立ち入り禁止場所や撮影禁止場所での撮影な
          ど)。
         ・その他、実施主体が不適切と認めるもの。

(5)応募方法
    動画が記録されたメディア(DVD、CD-R等)を、必要事項を記入した応募用紙(別添参照、
  動画1本につき1枚)とともに、(6)応募先まで郵送する。

(6)応募先
    〒064-8518
     北海道札幌市中央区南22条西6丁目2-22 エムズ南22条ビル 第2ビル4階
     農林水産省 北海道農政事務所 生産経営産業部 事業支援課
     「動画募集係」あて

(7)応募締切り
    令和元年12月2日(月曜日)※郵送は必着とする。

 (注)著作権やその他応募に係る詳細については、動画募集要領を確認ください。


3.応募いただいた動画について

  別添動画コンテスト実施要領により審査を実施し、入賞作品は、実施主体及び関係機関が発行する各種印刷媒体、Webサイト(北海道農政事務所Webサイトや食料産業局Facebook等)、イベント等での上映などにより、広く紹介する。
  また、応募されたすべての作品は、北海道の食文化の魅力発信等において、作品の一部を素材として活用する場合があり、応募があった時点で、実施主体及び実施主体の許可した団体に対し、応募者の許諾を要することなく無償で、Web上(農林水産省公式YouTubeチャンネル「maffchannel」等)で公開することや、編集・加工すること、各種PRイベント等で利用することなどに許可を与えたものとする。
 ※応募動画の著作権は応募者に帰属する。

4.審査及び表彰等

  審査員による厳正な審査を行い、入賞作品を決定する。

(1)審査基準
    ・コンテストの趣旨に沿った内容であるか(北海道の食文化を保護し、次世代に継承する内
       容となっているか)
    ・北海道らしさが表現できているか(北海道ならではの食材・料理・食文化であることがわ
       かる内容となっているか)
    ・背景(生産から消費の流れ、歴史、伝承、地域環境等)を盛り込めているか
    ・動機付け(対象となっている料理等を、食べてみたい、作ってみたい、教わってみたいと
       思わせる)となる内容となっているか

(2)入賞点数
    ・優秀  数点
    ・優良  10点程度
    ・入選  若干数

(3)審査結果
    令和2年3月頃に北海道農政事務所Webサイトにて発表するほか、入賞者に直接連絡する。
    (連絡が取れない場合は、入賞取消しとなる場合がある。)

(4)表彰
    令和2年3月頃に実施予定。

   (注)その他コンテストの詳細については、動画コンテスト実施要領を確認ください。


5.添付資料

 ・動画募集要領(PDF : 195KB)
 ・応募用紙(WORD : 28KB)
 ・チラシ(PDF : 1,168KB)
 ・動画コンテスト実施要領(PDF : 130KB)

6.関連するWebサイト等

  ・応募いただいた動画のうち、コンテストで入賞した作品については、食料産業局Facebook等
   で令和2年3月頃に公開予定です。

  食料産業局公式FaceBook(https://www.facebook.com/maff.shokusan

7.実施主体等

  実施主体:農林水産省 北海道農政事務所
  協力:北海道

お問合せ先

生産経営産業部 事業支援課

担当者:蝦名、森定
ダイヤルイン:011-330-8810
FAX番号:011-520-3063