このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

プレスリリース

六次産業化・地産地消法に基づく事業計画の認定について(平成31年3月)

  • 印刷
平成31年3月29日
北海道農政事務所
北海道農政事務所は、平成31年3月29日付けで、六次産業化・地産地消法に基づき、総合化事業計画2件の認定を行いました
認定証の交付は、後日行うこととしておりますので、改めて、お知らせいたします。

【北海道内の累計認定件数】:167件

1.制度概要

  本制度は、農林漁業経営の改善を図るため、農林漁業者等が農林水産物等の生産及びその加工又は販売を一体的に行う事業を支援します。
  認定事業者は、事業計画の取組の実施に当たって、加工・販売施設等の整備に対する補助事業、農業改良資金等の融資の特例、専門家(6次産業化プランナー)による継続的なアドバイス等の各種支援施策を受けることが可能となります。

  詳細は以下をご覧下さい(農林水産省Webサイトへのリンク)
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/sanki/6jika.html

2.認定事業

 

事業名及び事業概要 事業者名
 農林漁業者  促進事業者


<事業名>
  点滴型水耕栽培によるミニトマト生産・販売及びジュース製造・販売事業

<事業概要>
  町の産業の維持・発展を図るため、ミニトマトの青果販売及びトマトジュースの開発・製造(委託)・販売を行う。
  点滴型水耕栽培により、糖度や含有成分に特徴を持たせたミニトマトを生産し、この特性を活かしたジュースを製造。
  生産方法を商品の特徴として打ち出し、高所得者層をターゲットとした販路を開拓。農業所得の向上を図るとともに地域の産業振興に繋げていく。


北海道アグリルネサンス株式会社
(樺戸郡浦臼町)

(法人番号3430001077058)

 -


<事業名>
  自社牧場の生乳を使用し美瑛の風土を活かしたフランスの製法によるチーズの製造・販売事業

<事業概要>
  自社の生乳を中心とした美瑛町産の生乳を使用し、美瑛の風土を活かした本場フランス・コンテ地方の製法によるチーズを開発・販売する。
  チーズの開発は、フランスでチーズの製造技術を学んだ従業員が行うとともに、主力商品のハードタイプチーズはグループ会社の飲食店で直接消費者に提供することで、バリューチェーンを形成し、農業所得の向上を図る。


株式会社美瑛ファーム
(上川郡美瑛町)

(法人番号1450001006743)

 

 

3.添付資料

(別紙)六次産業化・地産地消法に基づく認定事業計画の概要(PDF : 163KB)

お問合せ先

生産経営産業部事業支援課

ダイヤルイン:011-330-8810
FAX番号:011-520-3063