このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー
環境保全型農業直接支払交付金 産地リスク軽減技術総合対策事業 オーガニック・エコ 地球温暖化対策 農業生産工程管理(GAP)

環境保全型農業に関する情報

環境保全型農業とは「農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料、農薬の使用等による環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業」です。

食料農業農村基本法においても、国全体として適切な農業生産活動を通じて国土環境保全に資するという観点から、環境保全型農業の確立を目指しています。

農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全に積極的に貢献していくため、平成23年度から、環境保全に効果の高い営農活動に対して支援を行う「環境保全型農業直接支払交付金」を実施しており、平成27年度からは、「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」の施行により、法律に基づく安定した制度となりました。

新着情報トピックス

 

環境保全型農業直接支払交付金について 

環境保全型農業直接支払交付金について 

平成28年度 環境保全型農業直接支払交付金の紹介パンフレット、取組の手引き等 

 

      ☆パンフレット    ☆取組の手引き    ☆取組の手引き(別紙)

 28_syoukai2_pan

 

 28_tebiki_pan

 

 28_bessi_pan

 

  •  

  

環境保全型農業推進コンクールについて

ページトップへ

オーガニック・エコの推進について 

平成28年度産地リスク軽減技術総合対策事業について 

大区画化ほ場対応型土壌管理技術導入支援事業

地球温暖化対策について 

農業生産工程管理(GAP)について 

ページトップへ

お問合せ先

生産経営産業部生産支援課
TEL:011-330-8807
FAX:011-330-8609

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader