このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

クロピラリド関連情報

クロピラリドによる生育障害

クロピラリドは、米国、豪州、カナダ等で牧草などの生産に使用されている除草剤で、家畜や人に対する毒性は低く、健康に影響を及ぼす可能性は低いと考えられますが、トマト、ピーマン等のナス科作物やスイートピー等のマメ科作物などは耐性が弱いとされるため、これらの作物に対し、輸入飼料を給与した家畜の排せつ物由来の堆肥を使用した場合、生育障害を起こす可能性がありますので注意が必要です。

図

クロピラリド関連情報(農林水産省へリンク)


お問い合わせ先

北海道農政部
 【総合窓口】 農産振興課  011-204-5436
 【堆肥製造・販売業者関係】 技術普及課 011-204-5429
 【園芸作物関係】 農産振興課 011-204-5436
 【畜産関係・輸入粗飼料関係】 畜産振興課 011-204-5440

・北海道農政事務所
【総合窓口】 生産経営産業部生産支援課 011-330-8807
【堆肥製造・販売業者関係】 消費・安全部安全管理課 011-330-8816
【園芸作物関係】 生産経営産業部生産支援課 011-330-8807
【畜産関係・輸入粗飼料関係】 生産経営産業部生産支援課 011-330-8807

お問合せ先

生産経営産業部生産支援課
TEL:011-330-8807
FAX:011-330-8609

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader