このページの本文へ移動

北海道農政事務所

メニュー

shokuikuobi2

注目情報

         チラシ(PDF : 459KB)地域の魅力再発見食育推進事業(PDF : 422KB)【5月25日】     

食育情報

 

shoukai1          tennji   kyoukufarm10   washoku

 

食育推進の取り組み(農林水産省等へのリンク)

    (1)   子どもの食育

子ども向けとして、「学ぼう!日本と世界の食べもの」や「見てみよう!日本各地の郷土料理」など、楽しく学べる題材を紹介しています。

    (2)   みんなの食育

世代・ライフスタイル別に食生活や嗜好を診断し、食生活を見直すための食生活指針を提示するとともに、「超人シェフクラブ発レシピ」を紹介しています。

    (3)   実践食育ナビ

外食産業等が食育を行う場合に役立つ情報やイラスト集などを提供しています。

    (1)   工場見学に行ってみよう!

    (2)   工場見学の内容・おすすめポイント


望ましい食生活の実践(農林水産省へのリンク)

 

食文化の保護・継承(農林水産省へのリンク) 

 

関連事業(農林水産省へのリンク)

日本の食糧事情

国産農産物消費拡大

日本の食を次の世代に残し、創るために、民間企業・団体・行政等が一体となって推進する、国産農林水産物の消費拡大の取り組みです。

農観連携  

海外における日本食・食文化に対する関心は、「和食」のユネスコ無形文化遺産登録、ミラノ国際博覧会等を通じて近年大きく高まっており、日本を訪れて「本場の日本食」を体験したいという外国人のニーズも高まっています。また、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会も見据え、地域の食と、それを生み出す農林水産業を核として訪日外国人を中心とした観光客の誘致を図る地域での取組を「食と農の景勝地」として認定する仕組みを創設し、訪日外国人旅行者の観光需要を国産農林水産物・食品の需要拡大及び農山漁村の所得の向上に繋げていくことを目的としています.

他機関での取組み

北海道(どさんこ食育推進協議会)

食育を体験しよう

農業体験を通じて、食の楽しさや食べものの大切さなど「食」について学ぶ機会を提供する農場です。

農作業体験や農業者の方々との語らいを通して、日頃接する機会の少ない農場の実際に触れ、農村の魅力を感じてもらうための交流拠点となる農場です。

食育を深めよう

地域の特色を活かした“食育”の活動を支援するため「北海道食育コーディネーター制度」を創設し、食育に取り組もうと考えている市町村や団体の要請により、健康づくり、食習慣、栄養バランス、調理技術、農林水産などさまざまな分野の専門家が助言などを行います。

地域でその土地ならではの農産物を作っている人、地域が誇るこだわりの加工品や郷土料理を作っている人など、地域の風土や食文化などを生かした北海道らしい食づくりを行っている方々を「食づくり名人」として登録しています。

「生産者がつくる愛食料理コンテスト」など、北海道に関係のあるレシピを掲載しています。

 


その他機関

厚生労働省

国民が健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむため、次の3つの柱で食育を推進しています。

     

また、食生活指針を普及・定着を図ることで、食生活における健康・栄養について、栄養バランスの偏り、生活習慣病の増加などの問題に対して、国民の健康の増進,生活の質の向上などを推進しています。

 

文部科学省 

栄養教諭制度の円滑な実施をはじめとした食に関する指導の充実に取り組み、また、学校における食育の生きた教材となる学校給食の充実を図るため、より一層の地場産物の活用や米飯給食の充実を進めています。

 

国以外の関係団体

農林漁業体験の受入先や講師派遣をしている団体の情報を閲覧できるサイトです。

 「食といのちの学び」をテーマとして「酪農体験」、「動物とのふれあい」を通して学ぶ特色ある教育活動を行っており、安全や衛生に留意した体験学習を基本活動とする牧場です。

 


 

 

お問合せ先

生産経営産業部  事業支援課  食育担当
TEL:011-330-8810
FAX:011-520-3063

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader