このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

食文化

講演会、シンポジウム  /  意見交換会  /  和食の日(11月24日)の取組

講演会、シンポジウム

平成29年度食育セミナー「和食;日本の食文化」

若い世代が自らの食生活を見つめ直し、健全な食生活を送るための気づきや「和食;日本の伝統的な食文化」の継承のきっかけとなるよう基調講演及びパネルディスカッション形式の食育セミナーを開催しました。

<セミナーの概要>
  日時:6月24日(土曜日)13時30分~16時00分
  場所:石川県女性センター1階 ホール
  参加人員:金沢学院大学、同短期大学1年生、北陸学院短期大学部1年生ほか一般 総数231名

  基調講演「外国からみた和食;日本の食文化」
  講師:渡辺キャロライン氏(珠洲焼陶芸家)

<パネルディスカッション>
  コーディネーター:野口 孝則 氏(国立大学法人上越教育大学大学院 教授)
  パネリスト:渡辺 キャロライン 氏(珠洲焼陶芸家)
  永井 幸広 氏(医療法人社団 永幸会 ながい内科クリニック理事長)
  高畠 朋子 氏(特定医療法人社団勝木会 やわたメディカルセンター管理栄養士)
  蔵 明花理 氏(北陸学院大学短期大学部 食物栄養学科2年)

セミナー風景 

平成28年度食育シンポジウム「和食・食文化の継承」

食育活動を通じて、郷土料理、伝統食材、食事の作法等伝統的な食文化に関する関心と理解を深めるために、「和食・食文化の継承」をテーマに基調講演及びパネルディスカッション形式の食育シンポジウムを開催しました。

<シンポジウムの概要>
  日時:6月28日(火曜日)13時30分~
  場所:北陸農政局 1階共用大会議室
  参加人員:83名
  基調講演「次世代に伝えたい和食(日本人の伝統的な食文化)の魅力」
  講演者:一般社団法人和食文化国民会議理事・副会長 江原 絢子 氏


<パネルディスカッション>
 
コーディネーター:野口 孝則 氏(国立大学法人上越教育大学大学院 教授)
  パネリスト:江原 絢子 氏(一般社団法人和食文化国民会議理事・副会長)
  稲垣 よし子 氏(生活協同組合 CO・OPとやま 代表理事理事長)
  北澤 香江 氏(株式会社スギヨ広報室 広報担当者)
  道畠 裕子 氏(スーパー食育スクール輪島市立輪島中学校 栄養教諭)
  高橋 ひとみ 氏(福井県鯖江市産業環境部農林政策課 課長補佐)

 食育シンポジウム

意見交換会

「若い世代に対する食育の推進について」

若い世代に対する食育を推進するために、世代のニーズに合った食育活動や適切なアプローチ方法について大学生と意見交換を行いました。

<意見交換会の概要>
  日時:平成29年2月23日(木曜日)13時15分~15時45分 
  場所:北陸農政局7階生産・経事部打合せ室
  参加人員:新潟、富山、石川、福井県内の大学生10名、北陸農政局5名  計 15名

「和食・食文化の継承」

郷土料理、伝統食材、食事の作法等の伝統的な食文化である和食の保護・継承を推進するためには、どのような対策が効果的か、和食離れが顕著な若い世代と意見交換を行いました。 

<意見交換会の概要>
  日時:平成28年2月26日(金曜日)13時30分~15時30分 
  場所:北陸農政局7階第2会議室
  参加人員:石川県内の4大学の学生7名、北陸農政局5名 計12名

和食の日(11月24日)の取組   

平成29年度若い世代(大学生)の「かんたん和朝食料理教室」

若い世代への食育及び食文化の継承に向けた食育を推進するために、和食の日にちなんで「かんたん和朝食料理教室」を開催しました。

<料理教室の概要>
  日時:平成29年11月19日(日曜日)11時00分~13時30分
  場所:加藤キッチンスタジオ(シェア金沢内)
  参加人員:石川県内の大学生18名
  講演者:加藤キッチンスタジオ 代表 加藤 重和 氏

説明をする加藤キッチンスタジオ 代表 加藤氏  調理の様子

簡単和朝食

<かんたん和朝食レシピ>

明太子風味ワカメご飯
明太子風味ワカメご飯

ベーコンと山菜の卵とじ
ベーコンと山菜の卵とじ

豆腐のジャコ炒め
豆腐のジャコ炒め

昆布と麩のお吸い物
昆布と麩のお吸い物

 

 平成28年度北陸農政局「弁当の日」(秋)

和食の日の平成28年11月24日(木曜日)のお昼時間、局長室を開放し、和食を意識したお弁当を持ち寄り「弁当の日」(秋)を実施しました。和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて、11月24日が“いい日本食”「和食の日」に制定されています。

「食育月間の取組」

お問合せ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:「食育ネットほくりく」事務局
ダイヤルイン:076-232-4890
FAX:076-232-4178

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader