ホーム > 政策情報 > 食料 > 農林水産物等の輸出対策 > 平成24年度北陸地域農林水産物等輸出促進連絡協議会活動概要


ここから本文です。

更新日:平成25年 3月21日

平成24年度北陸地域農林水産物等輸出促進連絡協議会活動概要

1.  総会の開催

輸出促進連絡協議会総会の様子

輸出促進連絡協議会総会

関係機関の連携を強化しつつ農林水産物等の輸出促進を図るため、平成24年度「北陸地域農林水産物等輸出促進連絡協議会」総会を平成24年11月29日(木曜日)に金沢市で開催しました。

総会では、近年の円高や原発事故による影響が未だに続いている状況の中、平成23年11月に取りまとめられた新たな輸出戦略「農林水産物・食品輸出の拡大に向けて」に基づきながら、北陸地域の輸出を促進するために、関係機関との連携を強化するとともに、輸出促進勉強会や輸出オリエンテーションの会の開催、PR活動等の実施などを内容とした平成24年度の活動計画が決定されました。

また、総会終了後の講演会では、三枝国際特許事務所の岩井弁理士からは「香港・台湾・中国における地名等の商標出願・登録問題、知的財産の保護について」、また農林水産知的財産保護コンソーシアム事務局からは「農林水産知的財産保護コンソーシアムの活動について」の説明をいただき、参加者の意見交換が行われました。 

2.  「輸出オリエンテーションの会」(輸出促進研修会)の開催

輸出促進への理解を図るとともに輸出意欲のある事業者等を支援するため、平成25年2月14日(木曜日)に新潟市で開催しました。

本年度は、“具体的で実践的な研修”を通じた輸出への取組支援を目的に、(1)基調スクーリング、(2)模擬商談会、(3)商品カテゴリー別分科会(牛肉/盆栽・花き)を実施しました。

(1)基調スクーリング

基調スクーリングの様子

基調スクーリングの様子

基調スクーリングは、食品輸出サポーターの岡部健太郎氏から「食品輸出の基礎情報について」と題して食品輸出・貿易業務の基礎知識と主な国・地域の貿易に関する基礎情報について講演をいただき、輸出を成功させるためのノウハウを学びました。
 

(2)模擬商談会

模擬商談会(牛肉)の様子

模擬商談会(牛肉)の様子

模擬商談会は、商品カテゴリー別(牛肉、盆栽・花き)に開催され、参加者がバイヤー役とセラー役に分かれ、商談技術の向上と商談の心得を習得しました。

 

(3)商品カテゴリー別分科会(牛肉、盆栽・花き)

分科会(盆栽・花き)の様子

分科会(盆栽・花き)の様子

商品カテゴリー別分科会(牛肉、盆栽・花き)は、それぞれの輸出事業についての専門知識・経験を有する輸出促進サポーター(牛肉:岡部健太郎氏、盆栽・花き:白川裕氏)から、輸出流通情報、市場ポテンシャルと課題点、輸出事業先進事例の紹介、具体的な商談ポイント等実践的な研修が実施されました。

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域連携課
ダイヤルイン:076-232-4233
FAX:076-232-4178

ページトップへ

北陸農政局案内

リンク集