このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

市野新田ダムの試験湛水状況 NEWアイコン


試験湛水の実施状況について、紹介します。

1.試験湛水の目的

試験湛水とは、ダム工事が完成した後に、実際にダムに水を貯めて、ダム堤体、基礎岩盤、貯水池斜面などの安全性を確認するものです。
試験湛水でダムの安全性が確認された後、ダムの運用が始まります。

2.試験湛水計画の概要

平成31年2月5日に試験湛水を開始し、徐々に貯水位を上昇させ、平年の降雨であれば3月下旬に満水となる予定です。(3月26日に常時満水位に到達しました。)
その後、1ヶ月以上の水位保持期間を経て、最低水位まで水位を降下させる予定です。(降雨の状況によって、試験湛水の期間は変動します。)

3.試験湛水計画の概要(貯水位グラフ)イメージ

試験湛水においては、貯水位を一定にしてダム等の安全性を確認する期間(水位保持期間)を設定することになっています。
市野新田ダムにおいては、以下のとおりとなっています。

【水位保持期間】
最低水位(225.1m)保持期間  2日間
 ※最低水位とは、ダムの耐用年数100年間の堆砂量から決定され、この水位以上の貯水が利用できます。
中間水位(231.5m)保持期間  3日間
 ※中間水位とは、最低水位と満水位の中間の水位です。
常時満水位 (238.0m)保持期間  30日間以上


市野新田ダム貯水位の推移

 4.試験湛水実施状況

お問合せ先

柏崎周辺農業水利事業所
〒945-0813 柏崎市南半田18番地15
電話:0257-24-5731
FAX:0257-24-5730

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader