このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:平成29年3月7日

あぐり北陸バックナンバー:3月5日配信号 

北陸農政局発行メールマガジン「あぐり北陸」配信号です。参考にご覧下さい。

「米政策改革について」の解説動画を掲載しています

平成25年12月に農林水産業・地域の活力創造本部で決定された 「農林水産業・地域の活力創造プラン」に基づき、30年産を目途に、行政による生産数量目標の配分に頼らずとも、国が策定する需給見通し等を踏まえつつ生産者や集荷業者・団体が中心となって円滑に需要に応じた生産が行える状況になるよう、行政・生産者団体・現場が一体となって取り組むこととされています。

米政策改革の概要を解説する動画を作成し、農林水産省ホームページに掲載しています。ぜひご覧下さい。 (農林水産省へリンク)

今回のもくじ

北陸ほっとニュース(新着情報)

農林水産物・食品輸出セミナー 参加者を募集しています ほか

メッセージ

北陸農政局次長  ~ 恐竜とトランプ ~

北陸の園芸作物

にんじん

お知らせ(農林水産省等からの情報)

富山県内の2経営体が「飼料用米多収日本一」を受賞しました!! ほか

北陸ほっとニュース(新着情報)

【イベント】

平成28年度日本型直接支払関連活動表彰式

平成29年3月9日(木曜日)北陸農政局 1階共用大会議室

北陸各県で行われる、各月の食育イベントを紹介しています。

~参加者を募集しています!~

平成28年度北陸地域飼料用米生産利用推進会議

平成29年3月10日(金曜日)石川県文教会館大会議室

農林水産物・食品輸出セミナー

平成29年3月14日(火曜日)石川県教育会館 2階 第1会議室

平成28年度北陸農政局鳥獣被害対策優良活動表彰式・セミナー

平成29年3月14日(火曜日)北陸農政局 1階共用大会議室

【展示コーナー】

北陸農政局「消費者の部屋」を開設しています。

3月1日から3月15日までの展示『植物防疫所の仕事「日本の農業と緑を守る」』
3月16日から3月30日までの展示予定
『~見つけよう!今、元気な農山漁村(むら)の取組~』

【食料産業】

「六次産業化・地産地消法」に基づく事業計画の認定について

「食育ネットほくりく」コーナー【食育ネットほくりくメールマガジン第127号、会員からのお知らせ】


【農業生産】

産地パワーアップ事業の取組事例を更新しました。

野菜の入荷量と卸売価格の見通しについて

平成28年産 米穀検査結果(北陸)【平成29年1月31日現在】

平成28年産 大豆の検査結果(北陸)【平成29年1月31日現在】

【農村振興】

平成28年度「北陸農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」」選定事例集を掲載しました。

加治川二期農業水利事業所(広報誌かじかわ用水 第7号平成29年2月号)を掲載しました。

庄川左岸農地防災事業所(月刊 庄川左岸農地防災事業の動き3月号)を掲載しました。


【発注・入札】

災害発生時における緊急調査業務の実施に向けた対応【公告期間:平成29年2月10日から平成29年3月9日まで】「公募に対する質問回答書」を掲載しました。

入札公告(物品・役務など)を更新しました。

平成29年度 発注予定情報の公表 を更新しました。

【お知らせ】

青色申告を始めましょう! ~3月15日までに税務署への申請が必要です~

青色申告は、自分の経営を客観的につかむための重要なツールです。青色申告には、税制上のメリットもありますので、早速取り組んでみましょう。
なお、政府の農林水産業・地域の活力創造本部において、青色申告を行っている農業者を対象とした収入保険制度の導入が決定されました。

<青色申告を始めるためには>
新たに青色申告を始めるためには、個人の場合、平成29年3月15日までに、最寄りの税務署に「青色申告承認申請書」を提出する必要があります。
この申請を行えば、平成29年分の所得から、青色申告を行うことができます。
(申告時期は平成30年2~3月)

<収入保険制度とは>
収入保険制度は、品目の枠にとらわれず、自然災害による収量減少だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補填する仕組みです。

詳細は以下のリンクをご覧ください。(農林水産省へリンク)
  ・青色申告を始めましょう!』(PDF:390KB)
  ・収入保険制度に関する農業競争力強化プログラムの内容について(PDF:496KB)

お問い合わせは各県域拠点まで。
  ・(新潟県拠点) 電話 025-228-5216
  ・(富山県拠点) 電話 076-441-9305
  ・(石川県拠点) 電話 076-203-9150
  ・(福井県拠点) 電話 0776-30-1611 

【メッセージ】

~恐竜とトランプ~
北陸農政局次長  木内 岳志(きうち たけし)

福井県勝山市にフクイサウルスなどで有名な恐竜博物館があります。かつて地上を闊歩していた恐竜は約6550万年前にメキシコのユカタン半島付近に落下した巨大隕石の影響でほぼ絶滅しました。しかしそこで生き残った一部の恐竜が過酷な環境に適応して鳥に進化したと言われています。恐竜の中で眠っていたDNAが刺激を受けて目を覚ましたのだそうです。生物の多様性が環境の変化を克服した一例ですが、この多様性は農業を含めどの分野・社会においても持続的に発展していく上で大変重要です。
先に発足したトランプ政権は世界にどのような影響を与えるのかまだ定かではありませんが、農業や地域の多様性を大切にすることで、いかなる環境の変化も乗り越えられると思います。農林水産省は農業の産業力強化と多面的機能の発揮を車の両輪として進めています。今年は酉年、恐竜博物館では恐竜から鳥への進化の過程も見ることができます。

北陸の園芸作物

~北陸地域(新潟、富山、石川、福井)における園芸作物を紹介しています。~

【にんじん】

 ・北陸管内の生育概況
 ・みずみずしく、味はマイルドで甘く香りがよく…「雪下にんじん」
 ・にんじんの選び方、保存方法 ほか

詳しくは、
http://www.maff.go.jp/hokuriku/seisan/engei/tokusan201703.html
その他、北陸の園芸作物(3月)は、
http://www.maff.go.jp/hokuriku/seisan/kanari-e/cal_03.html

お知らせ 

「富山県内の2経営体が「飼料用米多収日本一」を受賞しました!!
平成28年度飼料用米多収日本一の受賞者の決定及び表彰式の開催について (農林水産省へリンク) 

有毒植物による食中毒の予防のためのウェブサイトを更新しました。

知らない野草や山菜は、採らない、食べない、人にあげない!
◎詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。

農林水産物・食品の輸出相談窓口

米関連データ(農林水産省へリンク)
1.米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等
2.米に関するマンスリーレポート

内閣府食品安全委員会は、食の安全に関する情報をお知らせをタイムリーにお届けするために、『食品安全委員会メールマガジン』を配信しています。

      1.ウィークリー版(毎週水曜日)
          食品安全委員会の会合結果概要や開催案内など。
      2.読物版(月の中旬と下旬)
          食の安全に関する分かりやすい解説、Q&Aなどの読み物。
     配信及び会員登録を希望される方はこちらからお願いします。

食品安全委員会公式Facebook

「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報 (農林水産省へリンク)

農林水産省では、「平成28年熊本地震に関する農林水産省緊急自然災害対策本部」を設置し、対応しております。

東日本大震災に関する情報(農林水産省へリンク)

北陸農政局管内の発注・入札情報について

補助事業参加者の公募について(農林水産省へリンク)

農林水産省では、いろいろな補助事業について参加者を募集しています。詳しくは、農林水産省ホームページをご覧ください。

北陸農政局では、月に一度、食育に関する色々な情報を掲載したメールマガジン「食育ネットほくりく」を配信しています。当メールマガジンと併せてご購読ください。詳しくはホームページをご覧ください。

編集局から

今日3月5日は啓蟄。春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころとされています。日も長くなり、梅の花も咲き、徐々に春が近づいていますね。北陸農政局ホームページでは、3月から福井県若狭町の梅林の風景写真を掲載しています。福井県は日本海側最大の梅の産地で、三方五湖湖畔には約7万本の梅林が広がり、見頃を迎えています。春を感じに、ぜひお出掛けください。
http://www.maff.go.jp/hokuriku/

北陸農政局では、当メールマガジン「あぐり北陸」のほか農政に対するご意見なども受け付けています。ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

【ご注意】メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
                 PDFファイルをご覧いただくためには、以下のURLをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。
                 http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

【配信先変更及び配信中止】http://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/index.html#haisin

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader