このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:平成29年9月5日

あぐり北陸バックナンバー:9月5日配信号 


北陸農政局発行メールマガジン「あぐり北陸」配信号です。参考にご覧下さい。

新たな原料原産地表示制度が始まりました。

平成29年9月1日から、国内で製造される全ての加工食品において、重量割合上位1位の原材料について、原産地を表示することが食品事業者に義務付けられました。(平成34年3月31日まで経過措置期間があります。)
新たな原料原産地表示制度の導入に当たり、消費者庁が、全国各地において説明会を開催します。北陸農政局管内では、平成29年10月2日(月曜日)に石川県金沢市で開催予定です。

また、北陸農政局においても相談窓口を設置しましたので、ご不明な点は、お気軽にご相談ください。
(相談窓口)北陸農政局 消費・安全部 表示・規格課 電話番号 076-232-4113
(担当地域)新潟県、富山県、石川県、福井県

 ◎詳細については、以下のWebサイト等をご参照ください。
 (制度及び説明会)消費者庁Webサイト
  http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/quality/country_of_origin/index.html
 (相談窓口)北陸農政局 消費・安全部 表示・規格課
  http://www.maff.go.jp/hokuriku/guide/soudan/gengenhyouji.html

今回のもくじ

北陸ほっとニュース(新着情報)

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」募集期間を変更しました ほか

メッセージ

北陸農政局 企画調整室長 伊佐 寛

北陸の園芸作物

メロン

お知らせ(農林水産省等からの情報)

平成30年度農林水産予算概算要求の概要について ほか

北陸ほっとニュース(新着情報)

「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)優良事例を募集しています!

内閣官房及び農林水産省は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第4回選定)の優良事例を募集しています。
【募集期間:平成29年6月15日(木曜日)から平成29年9月11日(月曜日)まで】 ※募集期間を変更しました

応募された団体につきましては、希望により農村振興局のフェイスブック、北陸農政局Webサイト及びメールマガジンでの情報発信が可能となります。
また、選定されると、選定証が授与され、農林水産省Webサイトで活動が紹介されるほか、メディア媒体への紹介記事掲載や様々なイベントへの出展支援が受けられます。

 ◎詳しくはこちらから ~見つけよう!今、元気なムラの取組~
    http://www.maff.go.jp/hokuriku/rural/kasseika/discover_recruit.html

【イベント】

北陸各県で行われる、各月の食育イベントを紹介しています。


【展示コーナー】

北陸農政局「消費者の部屋」を開設しています。お気軽にご利用ください。

9月1日~9月29日までの展示『北陸地域の「食」と「農」』


【食料産業】

食育ネットほくりく【会員からのお知らせ、メールマガジン第133号】を更新しました。


【農業生産】

果樹に関する情報を更新しました。

国内産農産物の銘柄設定等の申請についてを更新しました。

平成29年産 麦の検査結果(北陸)(平成29年7月31日現在)を更新しました。

畜産振興関連イベントについて【「消費者の部屋」での体験学習について】を掲載しました。

「米粉用途別基準・ノングルテン表示地方説明会の概要」を掲載しました。


【農村振興】

土地改良工事設計材料単価の公表(平成29年9月期)

国営事業所等広報紙【月刊 庄川左岸農地防災事業の動き9月号】を掲載しました。

平成28年度農山漁村振興交付金(都市農村共生・対流及び地域活性化対策)の事業実施評価結果

平成28年度都市農村共生・対流総合対策交付金の事業実施評価結果

平成28年度「農」のある暮らしづくり交付金の事業実施評価結果

信濃川水系土地改良調査管理事務所【新潟県農業振興支援キャンペーン特設サイトを開設しました】


【統計情報】

平成29年産水稲の8月15日現在における作柄概況(北陸)


【発注・入札】

平成29年度 発注予定情報の公表を更新しました。

物品・役務等の入札公告を更新しました。

【お知らせ】

北陸農政局の広報誌 【ニュースレター北陸(平成29年9月号)】

メッセージ

~ 「食べて応援」 ~

                   企画調整室長 伊佐 寛(いさ ひろし)

平成28年度の食料自給率はカロリーベースで38%だったと発表がありました。前年度を下回るのは6年ぶり、米の大凶作だった平成5年度に次ぐ低い水準です。台風による被害で北海道の畑作物の生産量が大幅に減少したことが最大の要因ですが、米の消費減少も要因の一つとしてあげられます。食生活の変化といえばそれまでですが、気になるのは、米を生産している水田の将来です。水田には、米という食料の供給以外にも、洪水防止等いわゆる多面的機能と呼ばれる様々な働きがあります。仮に、目の前の水田が半分なくなったとしたら、さぞ殺風景な風景になることでしょう。米の需要が減少していく中、この水田をいかに守ろうかと農業関係者の模索は続きます。
話を自給率に戻しますと、ご飯を1日もう一口食べると自給率を1%上げるだけの効果があるそうです。皆さん、おいしい北陸のお米を食べ、北陸の豊かな水田風景を応援してください。

北陸の園芸作物

~北陸地域(新潟、富山、石川、福井)における園芸作物を紹介しています。~

【メロン】

  ・メロンの種類
  ・北陸地方のメロン
      肌が白くてきれいで甘い高品質な「石川アールス(石川県)」
      灰緑色に緑のストライプが入るネット系「マルセイユメロン(福井県)」
  ・選び方・保存方法 など

 ◎詳しくは、
     http://www.maff.go.jp/hokuriku/seisan/engei/tokusan201709.html
 ◎その他、北陸の園芸作物(9月)は、
     http://www.maff.go.jp/hokuriku/seisan/kanari-e/cal_09.html

お知らせ 

平成30年度農林水産予算概算要求の概要について(農林水産省へリンク)

平成29年度農業労働力最適活用支援総合対策事業の追加公募について(農林水産省へリンク)

地域で必要となる労働力を安定的に確保する仕組みの構築を支援しています。詳しくは、Webサイトをご参照下さい。

秋の農作業安全確認運動の実施について(農林水産省へリンク) 

「一人一人の安全意識と周囲からの「声かけ」から始まる農作業の事故防止」を2017年の重点テーマとし、「秋の農作業安全確認運動(9月~10月)」を関係団体等と一体となって実施しています。

 ◎運動の詳細、ポスター
http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/index.html#anzenundo
 ◎農作業安全研修資料等
http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/anzen/index.html#kenshusiryo

「食と農林漁業大学生アワード2017」における出場グループの募集について(農林水産省へリンク)

「食」と「農林漁業」を通じた「地域」の再生に向けて、大学生の相互の研鑽と連携の強化を促進するとともに、若者の取組の重要性についての国民的理解を深めることを目的に、「食と農林漁業大学生アワード2017」を開催し、出場グループを募集します。【応募締切:平成29年9月20日(水曜日)まで】

農林水産物・食品の輸出相談窓口

米関連データ(農林水産省へリンク)
1.米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等
2.米に関するマンスリーレポート

内閣府食品安全委員会は、食の安全に関する情報をお知らせをタイムリーにお届けするために、『食品安全委員会メールマガジン』を配信しています。

      1.ウィークリー版(毎週水曜日)
          食品安全委員会の会合結果概要や開催案内など。
      2.読物版(月の中旬と下旬)
          食の安全に関する分かりやすい解説、Q&Aなどの読み物。
     配信及び会員登録を希望される方はこちらからお願いします。

食品安全委員会公式Facebook

消費税軽減税率制度関係のお知らせ

平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のWebサイト等をご覧ください。

  • 軽減税率制度に関すること…国税庁Webサイト又は最寄りの税務署
    http://www.nta.go.jp/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/index.htm
          ※ 消費税軽減税率電話相談センターのお問い合わせ(軽減コールセンター)
              (専用ダイヤル0570-030-456)
          ※ 各都道府県の税務署で開催する説明会の日程をご覧いただけます。
              どなたでも参加できます。
  • 中小事業者等への支援
    「軽減税率対策補助金事務局」(専用ダイヤル0570-081-222) http://Kzt-hojo.jp

災害関連情報 (農林水産省へリンク)

「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報ほか災害関連情報を掲載しています。

東日本大震災に関する情報(農林水産省へリンク)

北陸農政局管内の発注・入札情報について

補助事業参加者の公募について(農林水産省へリンク)

農林水産省では、いろいろな補助事業について参加者を募集しています。詳しくは、農林水産省Webサイトをご覧ください。

北陸農政局では、月に一度、食育に関する色々な情報を掲載したメールマガジン「食育ネットほくりく」を配信しています。当メールマガジンと併せてご購読ください。詳しくはWebサイトをご覧ください。

編集局から

9月に入り、朝晩の涼しさに秋を感じますね。田んぼの稲刈りも着々と進み新米が楽しみな季節になりました。北陸管内各県で開発された米の新品種の販売がいよいよ間近となり、その販売戦略も含めて注目されていますね。
新品種といえば、米の他に私が今とても気になる存在は、石川県が16年の歳月をかけて開発した梨の新品種「加賀しずく」です。先月、初出荷が行われ、最上級品の1箱6個入りが10万円で落札されたことでも話題となりました。加賀しずくは、通常の梨に比べてやや大ぶりで、酸味が少なく優しい上品な甘さと滑らかな食感、みずみずしさが魅力だそうです。石川県が誇る高級ぶどう「ルビーロマン」に続くブランドとなるか?!これからに期待です。

北陸農政局では、当メールマガジン「あぐり北陸」のほか農政に対するご意見なども受け付けています。ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

【ご注意】メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
                 PDFファイルをご覧いただくためには、以下のURLをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。
                 http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

【配信先変更及び配信中止】http://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/index.html#haisin

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader