このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:平成31年3月7日

「あぐり北陸」No.380(平成31年3月5日配信号) 


北陸農政局発行メールマガジン「あぐり北陸」配信号です。参考にご覧下さい。

今回のもくじ

北陸ほっとニュース(新着情報)

北陸の日本酒を軸とした「コメの食文化」発信について ほか

メッセージ

北陸農政局 次長 春日 健二(かすが けんじ)
~災い転じて福となす~

北陸の園芸特産作物

ユリ

北陸地域の農林水産物・食品の輸出取組事例

『日本の「うま味文化」を高級昆布で世界に発信!』
株式会社 奥井海生堂(福井県敦賀市)

お知らせ(農林水産省等からの情報)

平成31年春の農作業安全確認運動の実施について ほか

北陸ほっとニュース(新着情報)

イベント

「北陸地域スマート農業推進セミナー」の開催及び参加者募集について

北陸地域におけるスマート農業を一層推進するため、セミナーを開催します。

【日時】平成31年3月20日(水曜日)13時00分~15時30分
【場所】石川県教育会館 第1会議室(金沢市香林坊1-2-40)
【申込締切】平成31年3月14日(木曜日)12時00分必着
 ◎詳細については、以下をご覧ください。
      http://www.maff.go.jp/hokuriku/news/press/190227.html

北陸各県で行われる各月の食育イベントを紹介しています。

展示コーナー

北陸農政局「消費者の部屋」を開設しています。お気軽にご利用ください。

3月1日~3月15日までの展示『植物防疫・動物検疫の仕事「日本の農畜産業を守る」』
3月18日~3月29日までの展示予定『太陽と大地の恵み 砂糖』

農業生産

平成30年産米穀の検査結果 (北陸)【平成31年1月31日現在】

平成30年産大豆の検査結果 (北陸)【平成31年1月31日現在】

野菜の入荷量と卸売価格の見通しについて【平成31年3月の見通し】

食料産業

北陸の日本酒を軸とした「コメの食文化」発信について

「六次産業化・地産地消法」に基づく事業計画の認定について【平成31年2月28日認定】

「食育ネットほくりく」コーナー【会員プロフィール(その他(個人・NPO法人等))】を更新しました。

「食育ネットほくりく」コーナー【食育ネットほくりくメールマガジン第151号】を更新しました。

農村振興

「平成30年度北陸農政局多面的機能発揮促進事業優良活動表彰」の受賞者の決定及び表彰式について

統計情報

農林水産情報交流ネットワーク事業【平成30年度「農業の持続的発展に関する農産物に求める意識・意向調査」】を更新しました。

お知らせ

北陸農政局の刊行物【北陸農業のしおり(平成30年12月発行)】を掲載しました。

発注・入札

入札公告(物品・役務など)

平成30年度 発注予定情報の公表

平成31年度 発注予定情報の公表

オープンカウンタ方式の実施について

競争入札・随意契約結果の公表【平成31年1月】

メッセージ

~災い転じて福となす~
北陸農政局 次長 春日 健二(かすが けんじ)

昨年末に発表された平成30年の「今年の漢字」は、「災」でした。北陸においても、昨年2月の大雪で多くのパイプハウスが倒壊しました。水稲の育苗作業が近づく中で、ハウスの再建は遅れましたが、生産者や関係者の努力により、直播の拡大や密苗、プール育苗などの工夫により、この難局を乗り越えることができました。
水稲の直播や密苗は、生産コストを削減する上で重要な要素技術です。昨年11月に公表された平成29年産水稲生産費調査の調査客体(北陸の85経営体)を分析したところ、直播を一部導入している客体(9経営体)の全算入生産費は、直播を導入していない客体(76経営体)と比べて約2割も小さい数値でした。もっとも、直播を導入している客体は、調査対象数が少ないことに加え、平均経営面積も大きく、コスト削減の効果が直播の導入のみに起因するものではないと思いますが、今後の稲作の方向性を示唆しているものと考えています。
大気中の二酸化炭素濃度は着実に上昇しており、その温室効果により今後とも気象は大きく変動することが予想されます。災害に備え、災害に強い農業の実現に向けた取組を行うことはもちろんですが、同時に低コスト技術の積極的な導入により生産コストを削減し、所得を向上して「災い転じて福となす」を実現しましょう。

北陸の園芸特産作物

~北陸地域(新潟、富山、石川、福井)における園芸特産作物を紹介しています。~

ユリ

  • ユリの由来
  • ユリの品種 ほか

      ◎詳しくは、こちらをご覧ください。
      ◎その他、北陸の旬の園芸作物(3月)は、こちらをご覧ください。

北陸地域の農林水産物・食品の輸出取組事例

北陸地域における農林水産物・食品の輸出に取り組まれている事例をご紹介します。

『日本の「うま味文化」を高級昆布で世界に発信!』
株式会社奥井海生堂(福井県敦賀市)

  • 【主な品目】昆布製品
  • 【主な輸出先国・地域】台湾・EU(英、仏)・米国・香港
  • 平成18年フランスでの昆布についての講演会をきっかけに、EU圏での昆布輸出を開始。
  • 平成20年台湾の日本高級食材取扱い商社からの引合いで、台湾への輸出開始。
  • HACCPプラン作成により、スムーズな商品輸出の実現。

      ◎詳細は、こちらをご覧ください。

お知らせ(農林水産省等からの情報)

平成31年春の農作業安全確認運動の実施について

春の農作業安全確認運動(3月~5月)を関係団体等と一体となって実施しています。(農林水産省へリンク)

有機農産物安定供給体制構築事業の公募について

有機農業者のネットワーク構築や実需者との意見交換等のオーガニックビジネスの実践拠点づくり、販売戦略の企画・提案、自治体間のネットワーク構築等の取組を支援します。【公募期間:平成31年3月12日(火曜日)まで】
 ◎詳細については、以下をご覧ください。(農林水産省へリンク)
      http://www.maff.go.jp/j/supply/hozyo/seisan/190219_3.html

有機JAS・GAP認証取得等支援事業の公募について

輸出を目指す農業者等に対する有機JAS認証、GAP認証(GLOBALG.A.P.、ASIAGAP)の取得や商談等の取組を支援します。【公募期間:平成31年3月15日(金曜日)まで】
 ◎詳細については、以下をご覧ください。(外部リンク)
      https://www.jadea.org/news/news-20190222-1.htm

GAP認証審査員育成支援事業の公募について

GAP認証審査員候補者に対する育成に研修受講等の取組を支援します。【公募期間:平成31年3月15日(金曜日)まで】
 ◎詳細については、以下をご覧ください。(外部リンク)
      https://www.jadea.org/news/news-20190222-2.htm

「農の雇用事業」第1回目の募集を開始します(平成31年6月研修開始分) (農林水産省へリンク)

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
平成31年6月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始します。【募集期間:平成31年3月29日(金曜日)まで】

「農産物規格・検査に関する懇談会(第1回)」の議事録の掲載について(農林水産省へリンク)

平成29年度農薬の使用に伴う事故及び被害の発生状況について

農林水産省は、農薬の使用に伴う事故及び被害のより効果的な再発防止策の策定を目的として、厚生労働省と連携して、農薬の使用に伴う事故及び被害の実態を把握するための調査を毎年度実施しています。
 ◎調査結果等は、以下のURLをご覧ください。(農林水産省へリンク)
      http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/190215.html

世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を行う地域の決定について【福井県三方五湖地域が日本農業遺産に認定されました!】 (農林水産省へリンク)

「平成30年農林水産物・食品の輸出実績」について(農林水産省へリンク)

「平成30年度鳥獣対策優良活動表彰」の受賞者の決定及び表彰式の開催について

農林水産省は、鳥獣被害防止や捕獲した鳥獣の食肉(ジビエ)の利活用等に取り組み、地域に貢献している個人や団体を表彰する「鳥獣対策優良活動表彰」を実施しています。
北陸農政局管内から、以下の方々が農村振興局長賞を受賞しました。

【農村振興局長賞(被害防止部門(団体))】
 〇 上三光(かみさんこう)農村環境保全・清流(せいりゅう)の会『新潟県』
【農村振興局長賞(捕獲鳥獣利活用部門(個人))】
 〇 石黒 木太郎(いしぐろ もくたろう)『富山県』

 ◎詳しくは、以下のURLをご覧ください。(農林水産省へリンク)
      http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/tyozyu/190206_23.html

平成29年の農作業死亡事故について (農林水産省へリンク)

農林水産省は、平成29年に発生した農作業死亡事故について取りまとめました。

「新たなJAS制度説明会」の開催について

戦略的にJAS制度を活用していただくために新制度の下で策定された規格の紹介や規格提案の手続及び関連予算を含めた説明会が、さいたま市内で平成31年3月6日(水曜日)に開催されます。
 ◎詳細については、以下をご覧ください。(外部リンク)
      http://www.famic.go.jp/event/jas/index.html

農林水産関係予算の概要について(農林水産省へリンク)

政府インターネットテレビに米粉動画が掲載されました! (政府インターネットテレビへリンク)

米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」の公開について

農林水産省では、米の消費拡大を目的に、お米に関する情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」を公開しています。
日本人の主食であり、日々の食生活に欠かせないごはん食について、消費者にとって有益な情報を広く紹介します。
 ◎米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」は、こちらをご覧ください。(農林水産省へリンク)

全国初!ノングルテン玄米米粉でパスタの取組

家畜衛生及び家畜の感染症について(農林水産省へリンク)


米関連データ(農林水産省へリンク)
1.米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等
2.米に関するマンスリーレポート

生産資材コストの低減を検討の皆様へ【農業資材比較サービス(AGMIRU)】

平成29年6月から農業者が農業資材の価格やサービス等を比較し選択できるサービスが開始されています。
 ◎詳しくは、以下のURLをご覧ください。
      https://agmiru.com/
 ※AGMIRUは農林水産省の補助事業により、ソフトバンクテクノロジー(株)が運営する無料のサービスです。

施設園芸農業者の皆様へ

近年、台風や大雪などの自然災害が多発しています。
昨年は記録的な大雪により被害を受けた農業者の方が多数に及びました。
このような自然災害に備えて、公的な保険制度である農業保険に加入しましょう。
農業保険では、掛け金の原則50%(収入保険積立金は75%)を国が負担します。
 ※農業保険の加入が災害対策の基本です。特別対策は、過去に例のないような甚大な気象災害が発生した場合に限られます。

  • 園芸施設共済(農業用ハウスを所有又は管理する農業者が対象です)
        ・自然災害等で農業用ハウスや附帯施設が損壊した場合に補償します。
        ・共済掛金は1.2%程度(パイプハウスの本体の全国平均)です。
  • 収入保険(青色申告をしている農業者が対象です)(平成31年1月からスタート)
        ・自然災害や価格低下などで、農産物の販売収入が減少した場合に補償します。
        ・保険料率は1.08%(50%の国庫補助後)です。

 ◎詳しい内容については、お近くの農業共済組合へお問い合わせください。

施策情報「農業経営支援策活用カタログ2018」

農業者の経営発展に役立つ主な支援を紹介しています。

 ◎詳しくは、以下のURLをご覧ください。(農林水産省へリンク)
      http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/n_pamph/180529.html

農林水産物・食品の輸出相談窓口(PDF:315KB) (農林水産省へリンク)

農林水産省と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、皆様にお気軽に相談いただける「農林水産物・食品輸出相談窓口」を国内各地に設置しています。
諸外国の規制・制度・国の支援事業、輸出先国のマーケット情報、輸出手続き等、輸出に関するお問い合わせに、是非ご活用ください。

食品安全委員会メールマガジン

内閣府食品安全委員会は、食品安全委員会の活動や委員会からのお知らせをお届けするために、メールマガジンとして「食品安全委員会e-マガジン」を配信しています。

【ウィークリー版】(原則として、毎週水曜日)

  ・委員会の開催結果や開催案内
  ・リスクコミュニケーション(意見交換会などの開催案内)

【読み物版】(月の中旬と下旬)

  ・実生活に役立つ情報
  ・安全性の解説
  ・Q&A
  ・委員の随想

 ◎配信登録を希望される方は、以下のURLからお願いします。
      http://www.fsc.go.jp/e-mailmagazine/

食品安全委員会公式Facebook

消費税軽減税率制度関係のお知らせ

平成31年10月から消費税の軽減税率制度が導入されます。
軽減税率制度に関することや中小事業者等向けの支援につきましては、以下のWebサイト等をご覧ください。

  • 軽減税率制度に関すること…国税庁Webサイト又は最寄りの税務署
    http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu//index.htm
            ※ 消費税軽減税率電話相談センターのお問い合わせ(軽減コールセンター)
              (専用ダイヤル 0570-030-456)
            ※ 各都道府県の税務署で開催する説明会の日程をご覧いただけます。
                どなたでも参加できます。
            ※ 軽減税率制度に関する動画(Web-TAX-TV)をご覧いただけます。
  • 中小事業者等への支援…「軽減税率対策補助金事務局」
    http://kzt-hojo.jp/

              (専用ダイヤル 0570-081-222)
            ※ 軽減税率対策補助金の申請受付の期限が延長されました。

災害関連情報(農林水産省へリンク)

平成30年北海道胆振東部地震に関する情報(農林水産省へリンク)

平成30年7月豪雨等に関する情報(農林水産省へリンク)

東日本大震災に関する情報(農林水産省へリンク)

北陸農政局管内の発注・入札情報について

補助事業参加者の公募について(農林水産省へリンク)

農林水産省では、いろいろな補助事業について参加者を募集しています。
 ◎詳しくは、農林水産省Webサイトをご覧ください。

北陸農政局では、月に一度、食育に関する色々な情報を掲載したメールマガジン「食育ネットほくりく」を配信しています。当メールマガジンと併せてご登録ください。詳しくはWebサイトをご覧ください。

編集局から

3月は旅立ちの季節、お花を贈る機会が増える季節です。皆さん、「エアリーフローラ」というお花をご存じでしょうか。「エアリーフローラ」は、2012年にデビューした石川県オリジナル品種のフリージアです。フリージアと言えば黄色が一般的ですが、エアリーフローラは薄い紫やピンク、オレンジなど優しいカラーバリエーションが特徴です。また、開花の最盛期が卒業や入学などの時期と重なることから、キャッチフレーズは「旅立ちを祝う花」、花言葉は「希望」。
新たな旅立ちを迎える方へ心を込めた贈り物、また、おうちに飾って、甘くさわやかな香りとたくさんのつぼみが次々と開いていく姿を楽しんでみませんか。 

北陸農政局では、当メールマガジン「あぐり北陸」のほか農政に対するご意見なども受け付けています。ぜひ、皆様のご意見をお聞かせください。

【ご注意】メールマガジンに記載したURLで、一部PDF形式のものがあります。
                 PDFファイルをご覧いただくためには、以下のURLをクリックしてAdobe Readerをダウンロードしてください。
                 http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

【配信先変更及び配信中止】http://www.maff.go.jp/hokuriku/mm/index.html#haisin

お問合せ先

企画調整室
ダイヤルイン:076-232-4217
FAX:076-232-4218

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader