ホーム > 報道・広報 > プレスリリース > 野菜の入荷量と卸売価格の見通しについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年7月31日

北陸農政局

野菜の入荷量と卸売価格の見通しについて

金沢市中央卸売市場における主要野菜(指定野菜及び季節により取扱いの多い野菜)の、翌月の入荷量と卸売価格の見通しを毎月末日までに公表しています。

27年8月の見通し

入荷の見通し

8月の主要野菜(15品目)は、北海道、群馬、長野、石川及び岐阜産を主体に広範な出回りを見込んでいる。今後の天候にもよるが、入荷量は前月を下回り、前年・平年並みと見込んでいる。

品目別には、前年同月と比べ

  • 「多い」と見込まれるのは、だいこん、はくさい、ほうれんそう、ねぎ、レタス、きゅうり、なす、ピーマン、ばれいしょ及びたまねぎの10品目である。
  • 「少ない」と見込まれるのは、ミニトマト及びすいかの2品目である。
  • 「並み」と見込まれるのは、にんじん、キャベツ及び普通トマトの3品目である。

価格の見通し

このような入荷見通しのもとで、価格は多くの品目で前年を下回り、前月並みであるが、平年を上回ると見込んでいる。

品目別には、前月に比べ

  • 「上回る」と見込まれるのは、はくさい、キャベツ、ほうれんそう、レタス、普通トマト、きゅうり及びすいかの7品目である。
  • 「下回る」と見込まれるのは、だいこん、にんじん、ねぎ、なす、ピーマン、ばれいしょ及びたまねぎの7品目である。
  • 「並み」と見込まれるのは、ミニトマトの1品目である。

 

注:この資料は、7月27日の見通し策定協議会の検討結果に基づいたものであり、その後の気象条件等により変動があり得る。

 

~農林水産省ビジョン・ステートメント~

わたしたち農林水産省は、
生命(いのち)を支える「食」と安心して暮らせる「環境」を
未来の子どもたちに継承していくことを使命として、
常に国民の期待を正面から受けとめ
時代の変化を見通して政策を提案し、
その実現に向けて全力で行動します。

 

お問い合わせ先

生産部園芸特産課
担当者:流通指導官 淺野
代表:076-263-2161(内線3335)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

北陸農政局案内

リンク集