このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

平成28年度北陸地域飼料用米生産利用推進会議の開催及び参加者募集について

  • 印刷
平成29年2月22日
北陸農政局
飼料用米の生産・利用の円滑な拡大に向けた取組などを推進するため、平成29年3月10日(金曜日)に北陸地域飼料用米生産利用推進会議を開催します。また、参加者を募集します。本会議は公開とし、会議冒頭は、カメラ撮影可能です。

1.趣旨

飼料用米については、平成27年3月に閣議決定された「食料・農業・農村基本計画」において、平成37年度における生産努力目標が110万トンに設定されました。また、農業者の所得向上を図るため、平成28年11月29日に政府の「農林水産業・地域の活力創造本部」においては「農業競争力強化プログラム」等が決定され、飼料用米については、多収品種の導入等による生産コストの低減や畜産物の高付加価値化を図る取組等を推進する旨が明記されたところです。
このため、本年度の北陸地域飼料用米生産利用推進会議を北陸地域飼料増産行動推進会議と併せて開催し、飼料用米の生産・利用の円滑な拡大に向けた講演、事例紹介及び関係者による意見交換を行います。

2.開催日時、場所

(1)開催日時
    平成29年3月10日(金曜日)13時30分~17時00分

(2)開催場所
    石川県文教会館大会議室(401・402会議室)
    住所:石川県金沢市尾山町10-5
    電話番号:076-262-7311
       *会場には駐車場がございません。公共交通機関でのご来場をお願いします。

3.主催

北陸地域飼料用米生産利用推進会議(事務局:農林水産省北陸農政局)、(一社)日本草地畜産種子協会、北陸地域飼料増産行動推進会議

4.開催内容

(1)情報提供「飼料用米をめぐる情勢について」
     北陸農政局生産部畜産課長 杉中 求

(2)基調講演「生産コストの低減に向けた飼料用米の多収品種の導入について」
     国立研究開発法人農研機構中央農業研究センター北陸研究拠点 前田 英郎 氏

(3)事例紹介「秋川牧園の飼料用米の取組について」
     株式会社秋川牧園生産部生産開発課長 村田 洋 氏

(4)ディスカッション「飼料用米の低コスト生産と利用の推進について」
     座長:(一社)日本草地畜産種子協会アドバイザー 吉田 宣夫 氏
     パネル:基調講演講師、事例紹介者、北陸農政局

   *ディスカッションにおきまして、インターネットを活用した投票システムを利用します。スマートフォン等から無料で参加可能です(50名まで)。スマートフォン等をお持ちの方は、是非ご持参ください。なお、通信料金は、各自でご負担願います。 

5.参集範囲

各県行政機関、試験研究機関、普及機関、各県農業関係団体、各県畜産関係団体、各県農業再生(活性化)協議会等担当者(定員100名)

6.参加申込要領

(1)申込方法
    参加を希望される方は、別紙出席申込書に必要事項を記入の上、以下申込先までFAXまたは郵送でお申込みください。

    <お申込み先>

      北陸農政局生産部畜産課
      ・FAX番号:076-232-5824
      ・郵送先住所:〒920-8566 金沢市広坂2丁目2番60号 金沢広坂合同庁舎

(2)申込締切
    平成29年3月7日(火曜日)
    定員になり次第、締め切らせていただきます。

7.報道関係者の皆様へ

  ・推進会議は公開とし、会議冒頭はカメラ撮影可能と致します。
  ・取材を希望される方は、お問い合わせ先まで事前にご連絡願います。

添付資料

  ・出席申込書(PDF : 11KB)
  ・会場案内図(PDF : 42KB)

お問合せ先

生産部畜産課

担当者:課長補佐(草地)早坂
代表:076-263-2161(内線3342)
ダイヤルイン:076-232-4317
FAX:076-232-5824

生産部生産振興課

担当者:農政調整官(地域稲作改善)田中
代表:076-263-2161(内線3321)
ダイヤルイン:076-232-4302
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader