このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

「六次産業化・農商工連携フォーラム」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成29年11月15日
北陸農政局

平成29年12月13日(水曜日)に名古屋銀行協会(名古屋市中区)において、株式会社十六銀行が主催し、中部経済産業局・東海農政局・北陸農政局が共催する「六次産業化・農商工連携フォーラム」を開催します。
本フォーラムは公開です。カメラ撮影も可能です。

1.概要

六次産業化や農商工連携は、農山漁村において、新たな所得や雇用を創出し、地域の活性化につながる重要な取組であり、農林水産省と経済産業省が協力して、農林漁業者及び中小企業者によるこれらの取組を支援してきたところです。この度、六次産業化や農商工連携の更なる取組の推進を図るため、「六次産業化・農商工連携フォーラム」を以下のとおり開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成29年12月13日(水曜日)13時30分~17時00分(13時00分開場)
会場:名古屋銀行協会201号室(名古屋市中区丸の内2-4-2)

駐車場は御利用できませんので、公共交通機関での御来場をお願いします。

3.対象者

六次産業化・農商工連携に関心を持つ農林漁業者・商工業者等

4.プログラム(予定)

(1)開会挨拶

(2)基調講演

「成功に導くビジネスモデル~六次産業化2.0の真価~」
講師:野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社
         調査部上級研究員 仲野 真人 氏

「ローテクから農をイノベーションする」
講師:株式会社ぶった農産
         代表取締役 佛田 利弘 氏(農匠ナビ株式会社 代表取締役社長)

(3)パネルディスカッション「将来を見た次世代農商工連携とは」

<ファシリテーター>

野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社
調査部上級研究員 仲野 真人 氏

<パネラー>

農匠ナビ株式会社 代表取締役社長 佛田 利弘 氏
株式会社ポモナファーム 代表取締役 豊永 翔平 氏
株式会社浅井農園 代表取締役 浅井 雄一朗 氏
有限会社セントラルローズ 代表取締役 大西 隆 氏

(4)閉会挨拶
(5)名刺交換会

5.参加可能人数

100名 参加費無料
(定員に達し参加をお断りする場合のみ、事務局から御連絡させていただきます。)

6.参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望する場合は、インターネット又はFAX(別添の「六次産業化・農商工連携フォーラム参加申込書」)にて、以下のお申込先に、御名前(ふりがな)、業種、御連絡先(電話番号、メールアドレス、FAX番号)等を明記の上、お申込みください(電話でのお申込みはご遠慮願います)。なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本フォーラムの運営にのみ利用させていただきます。

<インターネットによる申込先>
十六銀行ホームページ:http://www.juroku.co.jp/seminar/post_78.html

<FAXによる申込先>
送付先:十六銀行公務営業部宛
FAX番号:058-263-8150

(2)申込期限

平成29年12月5日(火曜日)

(3)参加する場合の留意事項

フォーラムの参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守られない場合は、参加をお断りすることがあります。

ア.事務局の指定した場所以外に立ち入らないこと。

イ.参加中は静粛を旨とし、以下の行為を厳に慎むこと。

講演者等の発言に対する賛否の表明
参加中の入退席(ただし、やむを得ない場合を除く。)
新聞、雑誌その他フォーラムに関連のない書類等の読書・飲食及び喫煙

ウ.銃砲刀剣類その他危険なものを議場に持ち込まないこと。

エ.その他、事務局職員の指示に従うこと。

当日撮影した画像を北陸農政局Webサイト等に掲載させていただく場合があります。

7.主催・共催

主催:株式会社十六銀行
共催:中部経済産業局・東海農政局・北陸農政局

8.報道関係者の皆様へ

本フォーラムは公開です。カメラ撮影も可能です。
取材を希望される場合は「6.参加申込要領」に従い、インターネット又はFAXによりお申込みください。 当日は、受付で記者証等の身分証明書を御提示いただきますので、あらかじめ御了承願います。

添付資料

六次産業化・農商工連携フォーラム参加申込書(PDF : 314KB)

お問合せ先

経営・事業支援部地域連携課

担当者:秋元、笠川
代表:076-263-2161(内線3951,3957)
ダイヤルイン:076-232-4233
FAX:076-232-4178

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader