このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

米粉素材による調理実演講習会の開催及び参加者募集について

  • 印刷
平成30年2月1日
北陸農政局

北陸農政局は、「米粉の用途別基準及びノングルテン表示ガイドライン」を身近に知っていただくため、用途別基準ごとの米粉を活用した調理実演講習会を平成30年3月2日(金曜日)に開催します。また、参加者を募集します。
本講習会は公開とし、カメラ撮影も可能です。

*定員に達しましたので、受付を終了しました。

1.趣旨

米の消費の減少が続く中、国をはじめ関係者が一体となって米粉の利用促進を図っています。このような中、米粉の持つ特性を活かした様々な米粉製品作りが全国各地で取り組まれています。しかしながら、米粉は小規模な製造業者が多く、米粉用米の品種や製粉方法も様々なことから、レシピどおりに調理しても出来上がりにバラツキがあり利用しづらいとの声もあります。
一方、小麦粉は、薄力、中力、強力という民間基準による表示、流通がされており家庭等における小麦粉利用の基礎情報として浸透しています。
このような状況を踏まえ、農林水産省は、平成29年3月に、菓子・料理用、パン用、麺用などの「米粉の用途別基準」を公表しました。
この用途別基準をより身近に知っていただくため、用途別基準ごとの米粉を実際に使用した調理実演講習会を開催します。

2.開催日時、場所

平成30年3月2日(金曜日) 13時00分~16時30分(受付開始 12時30分)
金沢勤労者プラザ 3階 料理実習室 (石川県金沢市北安江3-2-20)
 ※自動車でお越しの場合は、金沢勤労者プラザ或いは最寄りの民間駐車場(共に有料)をご利用ください。 

3.内容及び講師

(1)内容

ア  農林水産省による「米粉の用途別基準・米粉製品普及のための表示に関するガイドライン」の説明
イ  調理実演講師による調理実習及び試食等
    ・メニュー:バターチキンカレー、フォカッチャ風パン、アジアンココナツ汁粉
    ・持ち物:エプロン、三角巾、タッパ等の持ち帰り容器

(2)調理実演講師

料理研究家 尾身 奈美枝(おみ なみえ)氏

「フードコーディネーター」という職種を世に広め、定着させた先駆け的存在。料理の金字塔である「料理の鉄人」においてフードコーディネーターとして活躍し、その信頼と実績を生かし、テレビを中心に新聞・雑誌など様々なメディアの料理番組を手がける。現在は”エコ”をテーマとした新しいレシピ提案を発信し続けている。
「今日の料理(NHK)」、「知りたい!今夜もエコごはん(フジテレビ系)」などの番組に多数出演、レストランなどのメニューアドバイザーとしても幅広く活躍中。

4.主催等

主催:北陸地域米粉利用推進連絡協議会、公益社団法人米穀安定供給確保支援機構、農林水産省北陸農政局
後援:石川県米粉用米等利用推進協議会

5.対象者、募集定員

(1) 対象者

学校給食関係者、消費者団体関係者、婦人団体関係者、栄養士、食生活改善推進委員等の米粉料理を広めていただける方

(2)定員

24名(先着順。定員になり次第、受付を終了します。)

6.参加費

無料

7.参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、インターネット、FAX又は電話にてお申込みください。
なお、申込後にキャンセルされる場合は、必ずお知らせ下さい。 

 <インターネットによるお申込先>
    以下の参加申込フォームからお申込みください。
    https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/180302_komeko.html

  <FAX、又は電話によるお申込先>
    別添「参加申込書」に必要事項を記入のうえお申込みください。
    北陸農政局 生産部 生産振興課
          FAX番号 076-232-5824
          電話番号 076-232-4302 

(2)申込締切

平成30年2月28日(水曜日)まで ※定員に達しましたので、受付を終了しました。
申込締切日以前であっても定員に達した時点をもって受付を終了します。

参加申込によって得られた個人情報は、厳重に管理し、本講習会の運営のみ使用させていただきます。

8.報道関係者の皆様へ

本講習会は公開とし、カメラ撮影も可能です。ただし、調理実演を行いますので、講師及び参加者へのご配慮をお願いします。
取材、カメラ取りを希望される場合は、事前に取材申込書を記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

添付資料

 ・参加申込書(PDF : 10KB)
 ・取材申込書(PDF : 48KB)
 ・会場等案内(PDF : 287KB)

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:出本、中村
代表:076-263-2161(内線3328、3315)
ダイヤルイン:076-232-4302
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader