このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

GAP普及推進講演会の開催及び参加者募集について

  • 印刷
平成30年2月28日
北陸農政局

生産現場におけるGAPの認証取得拡大を図るため、一人一人の事務負担や認証費用等の軽減につながる団体認証をテーマとした講演会を平成30年3月14日(水曜日)に開催します。また、参加者を募集します。
なお、本講演会は公開とし、カメラ撮影も可能です。

1. 趣旨

GAPの推進は、国産農産物の2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会への供給のみならず、輸出拡大や農業人材の育成、農作業安全の確保など我が国の農業競争力強化を図る観点から重要です。
北陸農政局では、生産現場におけるGAPの認証取得拡大に資するため、団体認証に焦点を当て、団体認証に取り組む場合のポイントや取組事例を紹介する講演会を開催します。

 ※ GAP(Good Agricultural Practiceの略)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に則して定められる点検項目に沿って、農業生産活動の各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことです。これを我が国の多くの農業者や産地が取り入れることにより、結果として食品の安全性向上、環境保全、労働安全の確保、競争力の強化、品質の向上、農業経営の改善や効率化に資するとともに、消費者や実需者の信頼の確保が期待されます。
また、団体認証は、複数の経営体により構成されるグループでGAPの認証取得を行うことで、個々の経営体が個別に認証をとることに比べ、団体事務局と団体構成員が協力して取り組むことから、構成員個々の事務負担が軽減されるとともに、審査費用等の経費負担も縮小します。

2. 開催日時、場所

 ・日時:平成30年3月14日(水曜日)13時00分~15時30分
 ・場所:金沢勤労者プラザ101研修室(金沢市北安江3-2-20)

3.内容

 ・GAPを巡る情勢について
      北陸農政局生産部生産技術環境課 担当官

 ・団体で取り組む場合のポイントについて
      GAP総合研究所 普及・研修部長 佐久間輝仁 氏

 ・いばらき農産物流通研究会の取組
      いばらき農産物流通研究会 事務局 志賀あすか 氏

4.参集範囲

農業者、農業協同組合、農業協同組合中央会、全農県本部(経済農業協同組合連合会)、市町村、県の関係者等(定員70名程度)

5.参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、別添の参加申込書に必要事項(所属、氏名、連絡先)を記入の上、下記申込先までFAXにて、お申込み下さい。
 
申込先FAX番号:076-232-5824(北陸農政局生産部生産技術環境課)

(2)申込締切

平成30年3月9日(金曜日)

6.報道関係者の皆様へ

本講演会は公開とし、カメラ撮影も可能です。
取材を希望される方は、お問合せ先まで、ご連絡をお願いします。

添付資料

 ・開催案内チラシ及び参加申込書(PDF : 273KB)

お問合せ先

生産部生産技術環境課

担当者:課長補佐(営農対策)伊東
代表:076-263-2161(内線3353)
ダイヤルイン:076-232-4893
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader