このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

平成30年度北陸地域エコフィードセミナーの開催について

  • 印刷
平成30年9月14日
北陸農政局

エコフィード(食品残さを活用した家畜用の飼料)の生産・利用の拡大に向けた取組などを推進するため、平成30年10月18日(木曜日)に北陸地域エコフィードセミナーを開催いたします。
本セミナーは公開です。ただし、カメラ撮影は冒頭のみ可能です。

1.趣旨

食品残さ等を活用した飼料(エコフィード)の生産・利用は、食品リサイクルにおける資源の有効利用や飼料自給率を向上する手段としてだけでなく、近年の輸入飼料原料価格が不安定な情勢において、畜産経営コストの多くを占める飼料費を削減する手段としても、重要性が高まっています。
今後、エコフィードの生産・利用を推進するためには、食品事業者、飼料化事業者、畜産経営者等、関係者間の連携による取組の進展を図っていくことが求められます。
このため、エコフィードの生産・利用を実現している取組事例や各種施策の推進等についての情報共有、関係者間の連携による取組の更なる進展等を図ることを目的として、北陸地域エコフィードセミナーを開催します。

2.開催日時、場所

日時:平成30年10月18日(木曜日)13時30分~16時30分
場所:富山県民会館 702会議室(富山県富山市新総曲輪4番18号)
        *会場の駐車場には限りがありますので、公共交通機関でのご来場をお願いします。

3.主催

北陸農政局、富山県、一般社団法人全国食品リサイクル連合会

4.内容

(1)情報提供「エコフィードをめぐる情勢について」
           説明者:農林水産省生産局畜産部飼料課担当者
(2)情報提供「食品リサイクルの普及方針について」
           説明者:北陸農政局食品企業課担当者
(3)情報提供「北陸管内のエコフィード事例について」
           説明者:北陸農政局畜産課担当者
(4)基調講演「食品残さ等の飼料化技術について」
           講演者:日本大学生物資源科学部動物資源科学科教授  佐伯 真魚 氏
(5)事例紹介「排出事業者による最新のエコフィード取り組み事例」
           講演者:株式会社オルタナフィード代表取締役  饗庭 功 氏
(6)支援策紹介「富山県におけるエコフィード利用の支援策について」
           説明者:富山県農林水産部農業技術課  高平 寧子 氏
(7)意見交換等

5.参集範囲

 食品事業者、飼料化事業者、畜産経営者、畜産関係団体、地方公共団体等

6.参加申込要領

(1)申込方法

参加を希望される方は、FAX、郵送又はインターネットでお申込みください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本セミナーの運営に限り利用させていただきます。

      <FAX、郵送でのお申込み>
        別紙 出席申込書に必要事項(氏名、電話番号等)を記入していただき、下記申込先までFAX又は郵送してください。
        申込先  FAX番号:076-232-5824
                  〒920-8566 金沢市広坂2-2-60 北陸農政局生産部畜産課

      <インターネットからのお申込み>
        以下の参加申込フォームからお申込みください。
        https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/181018eco.html

(2)申込締切

平成30年10月5日(金曜日)

7.報道関係者の皆様へ

 ・本セミナーは公開とし、冒頭のみカメラ撮影可能といたします。
 ・取材を希望される場合は、取材申込書をご記入の上、事前にFAXにてお申込みください。

添付資料

 ・出席申込書(PDF : 61KB)
 ・会場案内図(PDF : 255KB)
 ・取材申込書(PDF : 55KB) 

お問合せ先

生産部畜産課

担当者:瀧川、坂下
代表:076-263-2161(内線3342、3347)
ダイヤルイン:076-232-4317
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader