このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

「6次産業化推進シンポジウム」の開催及び参加者募集について

  • 印刷
平成31年2月6日
北陸農政局

北陸農政局では6次産業化の推進に取り組んでおり、平成31年2月27日(水曜日)に、「6次産業化推進シンポジウム」を開催します。また、参加者を募集します。
本シンポジウムは公開とし、カメラ撮影は可能です。

 ※申込締切日を延長しました。

1.概要

農山漁村の地域資源を活用した新たな付加価値を生み出す6次産業化は、農林漁業者の所得の確保を通じて農林漁業の持続的かつ健全な発展につながる重要な取組です。
しかしながら、6次産業化に取り組んでいるものの、「今一歩うまくいかない」、「現状を何とかしたい」と考えている農林漁業者や、6次産業化に取り組んでみようと考えているが、「うまくいくのか」不安を抱えている農林漁業者等がたくさんみられます。
今般、このような事業者の方々や、その取り組みをサポートする関係者の方々にうまくいく事業展開のヒント(気づき)となるよう、「6次産業化シンポジウム」を開催します。

2.開催日時及び場所

日時:平成31年2月27日(水曜日)13時15分~16時00分
場所:石川県女性センター 2階 大会議室(金沢市三社町1番44号)
         *駐車場に限りがあるため公共交通機関の利用をお願いします。

3.プログラム

(1)開会挨拶

(2)基調講演:「能登発信のジェラートで世界を切り開く」

株式会社 マルガー 代表取締役 柴野 大造 氏
石川県能登町出身。家業である酪農に就農後、ジェラートに取り組み、2017年 Sherbeth Festival(イタリア・パレルモ)でアジア人初の世界チャンピオンに。
世界ジェラート大使(ローマ)、ユネスコ平和メッセンジャー、日本ジェラート協会副会長、能登町ふるさと大使等。
 ※パネルディスカッションのパネリストを兼ねています。

(3)パネルディスカッション

(コーディネーター)
マンディーネ 代表 マーケティングコーディネーター 松蔵 高子 氏
1986年キリンビールに入社。地域限定ビール「北陸づくり」を開発。
現在は、石川県、富山県の6次産業化プランナーとして地域活性化、地域産業の発展に貢献。

(パネリスト)
株式会社 農プロデュース リッツ 代表取締役 新谷 梨恵子 氏
新潟県の6次産業化プランナー。6次産業化に取り組む農家のサポートの他に自らも、さつまいも農カフェきららオーナーとして6次産業化に取り組み、さつまいも愛にあふれる事業を展開中。

有限会社 のむら農産 代表取締役社長 野村 佳史 氏
白山連峰の山間で二十代続く農家としてもち米を栽培し、もち、かきもちに加工する6次産業化に取り組む。
地産地消として県内各地の特産を練り込んだ「いしかわ特産野菜かきもち」等を製造・販売。

(4)閉会

4.参集範囲

農林漁業者、農林漁業者団体、行政機関、6次産業化サポート機関等(定員70名)
先着順で定員に達し次第、締め切らせていただきます。

5.参加申込要領

(1) 申込方法

参加を希望される方は、インターネット又はFAXにて、以下の申込先に必要事項(氏名(法人の場合は法人名及び部署名)、職種、連絡先等)を記入の上、お申込みください。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、本シンポジウムの運営に限り利用させていただきます。

      <インターネットによる申込先>
      以下の参加申込みフォームからお申込みください。
      URL:https://www.contactus.maff.go.jp/j/hokuriku/form/190227_6ji.html

      <FAXによる申込先>
      別添「参加申込書」によりお申込みください。
      申込先FAX番号:076-232-4178(北陸農政局経営・事業支援部地域連携課)

(2)申込締切

平成31年2月25日(月曜日)17時00分必着(※ 申込締切日を延長しました)
申込締切日以前であっても定員に達した時点をもって受付を終了いたします。

6.報道関係者の皆様へ

 ・本シンポジウムは公開とし、カメラ撮影は可能です。
 ・取材を希望される場合は、別添「参加申込書」に必要事項を明記の上、FAXにてお申込みください。
 ・当日は、受付にて記者証等の身分証明書をご提示いただくとともに、名刺をいただきますので、あらかじめ御了承願います。

添付資料

 ・開催案内チラシ及び参加申込書(PDF : 466KB)

お問合せ先

経営・事業支援部 地域連携課

担当者:永井、吉田
代表:076-263-2161(内線3952、3956)
ダイヤルイン:076-232-4233
FAX:076-232-4178

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader