このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

プレスリリース

福井県における豚コレラ患畜の確認に伴う北陸農政局の対応について

  • 印刷
令和元年7月29日
北陸農政局

7月29日、福井県越前市の養豚農場において、豚コレラの患畜が確認されたことを受け、「北陸農政局豚コレラ対策本部」会議を開催し、今後の対応を決定しました。

1.発生の概要

(1)7月28日、福井県は、越前市の養豚農場から異常症状の飼養豚を発見したとの通報を受け、福井県家畜保健衛生所において検査を実施したところ、豚コレラを疑う結果が得られました。
(2)このため、農研機構 動物衛生研究部門(注)で精密検査を実施したところ、7月29日、患畜であることが確認されました。
(3)これを受け、北陸農政局は7月29日、「北陸農政局豚コレラ対策本部(本部長:北陸農政局長)」会議を開催し、今後の対応を決定しました。

(注)国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門:国内唯一の動物衛生に関する研究機関

2.今後の対応

(1)福井県からの要請に備えた人的支援の準備
(2)消費者、生産者、事業者等への正確な情報の提供
(3)消費者相談窓口の設置

3.消費者相談窓口

北陸農政局 消費・安全部 消費生活課 
電話:076-232-0206
FAX:076-261-9523
受付時間:平日9時00分から17時00分まで

4.その他

(1)豚コレラは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。また、感染豚の肉が市場に出回ることはありません。
(2)当該農場は、豚コレラの疑いが生じた時点から飼育豚の移動を自粛しています。
(3)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあることと、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むよう御協力をお願いいたします。
(4)今後とも、迅速で正確な情報提供に努めますので、生産者等の関係者や消費者は根拠のない噂などにより混乱することがないよう、御協力をお願いします。

お問合せ先

消費・安全部安全管理課

担当者:金山、林
代表:076-263-2161(内線3722、3725)
ダイヤルイン:076-232-4106
FAX:076-261-9523

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader