ホーム > 政策情報 > 消費・安全 > リスクコミュニケーション等、意見交換会 > 安全な農産物を食卓へ(GAP手法に関する意見交換会)


ここから本文です。

安全な農産物を食卓へ(GAP手法に関する意見交換会)

議事次第

日       時 : 平成19年11月28日(水曜日)13時30分~16時30分
場       所 : 金沢市文化ホール 大集会室
参 加 者 : 60名
会場風景1

会場風景2

開会

あいさつ
黒木 幾雄 北陸農政局長

第1部 GAP手法についての情報提供

(1) GAP手法(農業生産工程管理手法)の導入・推進について
北陸農政局  消費・安全部安全管理課  課長補佐
北市 豊和
(2) 有限会社穂海におけるJGAPの導入と運営
有限会社  穂海代表取締役
丸田 洋
(3) 若狭農協のGAPの取組状況について
若狭農業協同組合  営農課集落営農支援推進室
加藤 仁志
(4) アルビス株式会社における安全な農産物提供の取組
アルビス株式会社  常務取締役営業本部長
笹田悦朗

第2部 パネルディスカッション及び意見交換

(1) パネルディスカッション

【コ-ディネ-タ-】
長 行洋      : 農林水産省北陸農政局  消費・安全部消費生活課長
【パネリスト】
丸田 洋      : 有限会社  穂海代表取締役
加藤 仁志  : 若狭農業協同組合  営農課集落営農支援推進室
笹田  悦朗 : アルビス株式会社  常務取締役営業本部長
中谷  純子 : 石川県婦人団体協議会副会長
北市 豊和  : 北陸農政局  消費・安全部安全管理課  課長補佐

(2) 会場内参加者との意見交換

閉会

資料

議事録

議事録(情報提供)(PDF:70KB)

議事録(パネルディスカッション)(PDF:55KB)

説明資料

資料1:GAP手法(農業生産工程管理手法)の導入・推進について(PDF:49KB)

資料2:有限会社穂海におけるJGAPの導入と運営(PDF:54KB)

資料3:若狭農協のGAPの取組状況について(PDF:173KB)

資料4:アルビス株式会社における安全な農産物提供の取組(PDF:144KB)

配付資料

  • 「さあ、始めましょう!農作業の工程管理(GAP)のすすめ」
  • 基礎GAP(施設野菜)【生産者用】
  • 食品安全エクスプレス

関連コンテンツ

お問い合わせ先

消費・安全部消費生活課 
担当者:食品情報係
代表:076-263-2161(内線3718)
ダイヤルイン:076-232-4227
FAX:076-261-9523

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

北陸農政局案内

リンク集