このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

平成29年度花きセミナー

セミナーの様子
 
意見交換の様子

平成30年3月19日(月曜日)13時30分から金沢広坂合同庁舎大会議室において平成29年度北陸地域花き連絡協議会総会に引き続き平成29年度花きセミナーを開催しました。北陸地域の花き生産、流通、行政など関係者39名の出席がありました。
                                    
セミナーでは、大田市場で日本を代表する花き卸売事業者である(株)フラワーオークションジャパン取締役 長岡 求 氏から「ニーズに合わせた花づくり~花き消費の動向と今後の対応~」と題して基調講演をいただきました。
花きの生産の減少、小売り構造の変化、輸入の増加といった近年の動きの中で、これからは高い生産技術を活かし、新品種の育成や輸出も視野に入れた、ニーズに合わせた花づくりが必要といったお話をいただきました。

続いて、平成29年度国産花きイノベーション推進事業に取組んでいる新潟県花き振興協議会、富山フラワーネットワーク、石川県花き振興地域協議会、福井県花き連絡協議会から、それぞれ取組の概要について事例発表をいただき、参加者と意見交換を行いました。

 

 

 

次世代施設園芸セミナー

平成29年10月11日(水曜日)に富山県園芸振興推進協議会、富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点整備協議会等との共催で「次世代施設園芸セミナー ~富山県・北陸地域での施設園芸の更なる発展を目指して~」を開催し、協議会の関係者も多数の参加がありました。
北陸地域の各県においても各種支援策等を活用して高度な施設園芸の導入が図られつつあることから、北陸地域での大規模な施設園芸に取組む経営体の現状と今後の展開について協議することにより、北陸地域での施設園芸の更なる展開及び生産拡大に資するとして開催されたものです。

当日は午前中に第1部として富山市婦中町の富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点において「施設野菜(フルーツトマト)及び施設花き(トルコキキョウ等)の大規模周年生産の取り組み」について現地視察を行いました。

午後からは第2部として富山県民会館会議室において室内研修を行い、まず、「大規模施設園芸における経営管理問題と人材育成」と題して農研機構北海道農業研究センター水田作研究領域 主任研究員 田口 光弘 氏から、「富山県での次世代施設園芸の実践」と題して富山スマートアグリ次世代施設園芸拠点整備協議会 株式会社富山環境整備 アグリ事業部部長 室田 治彦 氏から基調講演をいただきました。
続いて、事例発表では(1)「大規模みつば栽培を行って」新潟県(有)グリーンズプラント巻 代表取締役 若林 馨 氏、(2)「地域と連携した企業参入によるベビーリーフ栽培」石川県奥能登農林総合事務所 農業振興部農業振興課 担当課長 池下 洋一 氏、(3)「福井県若狭地域における新たな施設園芸の取り組み」福井県嶺南振興局農業経営支援部技術経営支援課 主任 畑中 康孝 氏からそれぞれ紹介をいただき、意見交換を行いました。

お問合せ先

生産部園芸特産課
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader