このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物:12月 加賀丸いも 

加賀丸いも

主な産地の地図やまのいも科やまのいも属に属する。(長いもが有名)
やまのいもの収穫量は約17万tで、青森県と北海道の2道県で7割以上の収穫量を占めています。北陸で主な産地は、新潟県新潟市・佐渡市及び石川県能美市・小松市です。

 

 

 

 

 

 

加賀丸いもとは

やまのいもの産地の一つで、石川県能美市及び小松市板津地区で栽培されているのが「加賀丸いも」です。大正時代に能美市五間堂の沢田仁三松、秋田忠作の両氏が自家用として三重県から持ち帰って栽培したのが始まりで、今では、石川特産「加賀丸いも」として、日本料理を始め、高級和菓子の材料、家庭料理の一品として利用され、豊富な栄養を含み、粘りの強いのが特徴です。最近では、丸いもを原料とした焼酎も販売されています。 

加賀丸いもの生産

丸いも

当時は生姜のようなデコボコとした形をしていましたが、栽培地の土質が砂れき土であったことから、現在のような丸い形となりました。
また、より良いものを収穫するよう、連作による障害を避けるため、栽培する田を毎年替えており、丸いもを1年栽培した所には、その後2年は水稲を作付けします。
  2~3月にかけて植え付けを行い、晩秋から冬にかけて収穫されます。低温貯蔵されたものが年間通して出荷されており、貯蔵されたものの方が味が濃くなるとも言われています。 

加賀丸いもの取扱い

丸いも畑傷のないものは数ヶ月は保存できますが、カットしてある場合は変色しやすいので早めにお使いください。
また、いもの皮をむいたり、擦ったりした時に痒くなる時がありますが、原因は皮付近にあったシュウ酸カルシウムの結晶が壊されて、手や口に刺さるためです。シュウ酸カルシウムは酸に弱いので、酢水につけてから料理するとかゆみはおこりませんし、タンニンの影響で黒ずむことも防げます。

 

 

 

レシピ

料理方法は、広く流通している長芋等と同じように利用下さい。 

とろろ汁

とろろ汁

  1. おろし金ですりおろした丸いもをさらにすり鉢でよくすり、 
  2. 煮出し汁を徐々に加えながらよく混ぜてお好みの濃さにのばします。
  3. もみのり、さらし葱などをかけ、熱いご飯に添えて召しあがって下さい。
お好み焼き

お好み焼き

  1. すりおろした丸いもにとき卵を徐々に混ぜてのばし、さらにスープを少量ずつ入れながらよく混ぜます。
  2. その中にお好みの肉、キャベツ・葱などの野菜を加え、お好み焼きの要領で焼き上げます。
  3. ソースで味を整え、花かつお、青のりをふりかけます。

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:施設園芸支援係
代表:076-263-2161(内線3337)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader