このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物:9月 栗  

栗の種類

栗の種類

世界で栽培されている栗には、ニホングリ、チュウゴクグリ、アメリカグリ、ヨーロッパグリなどの種類があります。
チュウゴクグリは、日本では甘栗として親しまれており、小粒で甘みが強く、渋皮をむくのが極めて容易です。一方でニホングリは、大粒で風味が良いのが特徴ですが、渋皮をむくのがとても困難です。
ニホングリ以外の種類の栗は、日本において害虫や病気の被害を受けやすく栽培が困難なため、日本で栽培されている栗の大部分はニホングリとなっています。 

 

 

栗の産地

栗の産地

日本における栗の栽培面積は21,200ha(平成25年)であり、茨城県、愛媛県、熊本県を中心に、沖縄県を除く全国各地で栽培されています。
北陸管内では534haが栽培されています(平成25年)。県別にみると新潟県242ha、富山県56ha、石川県150ha、福井県86haと、新潟県と石川県で多く栽培されています。
北陸管内の品種構成をみると、「丹沢」が約半分を占めており、その他には「石鎚」、「筑波」といった品種が栽培されています。 

 

 

 

新品種「ぽろたん」 

渋皮も簡単にむくことができます
渋皮も簡単にむくことができます

ニホングリは実が大きく味も良いのですが、渋皮がむけにくいのが難点です。その渋皮をむく手間を解消する画期的な新品種「ぽろたん」が(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で育成されました。
外側の堅い鬼皮にキズをつけて、家庭用のオーブントースターや電子レンジで加熱するだけで簡単に渋皮がむけます。渋皮がポロンと簡単にむけることから「ぽろたん」と名付けられました。
北陸地域では、新潟県と石川県で栽培されています。 

  

栗の機能性

栗には、健康を維持するために欠かすことのできないビタミン類(ビタミンB群、ビタミンCなど)が豊富に含まれています。
また、栗にはエネルギー源となる炭水化物(糖質)も含まれており、ビタミンB1は糖の代謝を促進して神経・筋肉などへエネルギーを供給することから、スポーツをする前に栗を食べることはとても合理的です。 

栗の選び方・貯蔵法

ニホングリは、鬼皮にツヤや張りがあり、下部のザラザラした部分が白っぽく、重みのあるくりを選びましょう。また、くりは室温に置くより、冷蔵庫に入れると長く貯蔵できます。  

栗の五目炒め煮  

栗の五目炒め煮 材料 作り方
A
栗 8個                       (80g)
レンコン                     100g 
ニンジン                       60g
タケノコ(水煮)           60g
コンニャク 3分の1       (90g)
豚バラ肉                     100g
インゲン                      30g
ゴマ油                  大さじ2杯

B
だし汁                      400cc
酒                             45cc
みりん                       30cc
砂糖                          10g
濃口醤油                    45cc
1.栗は鬼皮、渋皮をむき、レンコン、ニンジンは皮をむいて乱切りにします。
    タケノコも同様に切り、コンニャクは塩磨きしてすりこぎで叩いて
    一口サイズにします。
2.豚肉は野菜に合わせて切っておきます。
3.フライパン又は中華鍋にゴマ油をいれて火にかけ、2・1を順に炒めます。
4.3を鍋に移してBの出し汁を入れて火にかけ、沸騰したらアクを取り、
    酒、砂糖を入れてしばらく煮ます。
5.4にみりん、醤油を入れて汁気がなくなるくらい、照りよく煮ます。
6.ゆでて食べやすく切ったインゲンを混ぜ合わせて器に盛ります。

 

レシピ、写真提供:石川県果樹園芸協会(石川県農林水産部生産流通課内)
                           TEL  076-225-1111(内線4671)

 

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:果樹係
代表:076-263-2161(内線3336)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader