このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物:12月 山芋        

山芋:ヤマノイモ科ヤマノイモ属

山芋は、イモの形により円筒形の「ながいも」、扁平計の「いちょういも」、球形の「やまといも」の3つの品種群に大別できます。
野生種の多くは、中国が原産地で、中国では紀元前から薬用として使用されていました。
なお、自然薯は日本が原産地で、植物学では山芋(ながいも、いちょういも、やまといも)とは別に分類されます。

ながいも いちょういも やまといも
ながいも いちょういも やまといも
       
       
(画像提供:独立行政法人 農畜産業振興機構)

ながいも

北陸管内のながいも作付面積及び出荷量

棒状で長いものは1メートル以上にもなるながいもは、一年で生育するため「一年芋」とも呼ばれ、全国で栽培されていますが、関東以北での栽培が多く、青森県(2,250ha)と北海道(1,870ha)の2道県で全国(5,200ha)の79%も作付されています。
北陸の作付面積は80haで、全国に占める割合は1.5%程度です。県別に見ると、新潟県69ha、富山県3ha、石川県5ha、福井県3haとなっています。
 
栄養価が高く、消化も良いので古くから滋養強壮の野菜として利用されています。炭水化物、カリウム、ビタミンB1、食物繊維などの栄養成分が豊富で、さらにデンプンを分解するアミラーゼなどの消化酵素も豊富です。
原産地である中国では滋養強壮剤として漢方薬にもなっています。

いちょういも

関東では「やまといも」とも呼ばれており、扁平な形をしており、主に千葉県、埼玉県等関東周辺で栽培されています。あくが少なく、ながいもより粘り気が強いため、とろろにしてよく利用されます。 

やまといも

握りこぶしのような形をしており、三重県や奈良県の特産で表皮の白い「伊勢芋」や、兵庫県の特産で表皮の黒い「丹波芋」等があります。山芋の中では最も粘り気が強く、肉質も良いことから、高級食材として需要があり、和菓子の原料やかまぼこ等の練り物のつなぎとして利用されます。

産地の紹介「加賀丸いも」

産地の紹介「加賀丸いも」

やまといもの産地の一つで、石川県能美市及び小松市板津地区で栽培されているのが「加賀丸いも」です。大正時代に自家用として三重県から持ち帰って栽培されたのが始まりで、今では、石川特産「加賀丸いも」として、日本料理を始め、高級和菓子の材料、家庭料理の一品として利用され、豊富な栄養を含み、粘りの強いのが特徴です。最近では、丸いもを原料とした焼酎も販売されています。
2~3月にかけて植え付けを行い、晩秋から冬にかけて収穫されます。低温貯蔵されたものが年間通して出荷されており、貯蔵されたものの方が味が濃くなるとも言われています。


 

 

 

食べ方

山芋は、すり下ろして山かけや揚げ物のつなぎとして利用されるほか、ながいもは、水分が多く粘り気が少ないため、シャキッとした歯触りを生かして、千切りやたたく等して酢の物にします。
また、葉の付け根に「むかご」と呼ぶ指先くらいの小さな芋がつきます。これを、ご飯に入れて炊くと「むかごご飯」になります。 

    むかご
とろろ たんざく むかご


(画像提供:独立行政法人 農畜産業振興機構)

保存方法

丸ごとなら、長期保存が可能です。新聞紙に包んで風通しの良い冷暗所に保管しましょう。
カットものは、切り口から水分が失われ変色していくので、切り口が空気に触れないようにラップに包み冷蔵庫で保存し、一週間以内に使い切りましょう。
すり下ろしたものや千切りにしたものは、冷凍保存が可能です。 

ながいもの輸出

主要な生鮮野菜の輸出額20億円(2012)のうち、約9割をながいもが占めます。
日本産のながいもは、薬膳用食材としてだけでなく、日常的な食材としての認識が高まっており、形が大きい、白いという特徴が高く評価され、日本産を選好して購入する消費者がいます。
台湾においては、富裕層を始め、中所得層を含めた幅広い所得層において日本産のながいもに対するニーズがあります。

  
輸出の現状(ながいも)

 

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:施設園芸支援係
代表:076-263-2161(内線3337)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader