このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物:8月 日本なし

日本なし

なしは、和なし(日本なし)、中国なし、洋なし(西洋なし)の3つに分類されます。日本で主に栽培されているのは日本なしと洋なしで、日本なしは成熟期の果皮色が褐色の赤なしと、黄緑色の青なしに分けられます。日本なしの大半は赤なし系で、「幸水(こうすい)」、「豊水(ほうすい)」、「新高(にいたか)」、「あきづき」などがあり、青なし系は「二十世紀」などがあります。

国内における平成27年産の日本なしの栽培面積は12,800haで、沖縄県を除く日本各地で栽培されています。栽培面積全国1位は、千葉県で1,630ha(全国シェア12.7%)となっています。北陸管内では869ha(全国シェア6.8%)栽培されており、県別にみると新潟県476ha、富山県181ha、石川県145ha、福井県67haとなっています。 

日本なしの産地

engei201608_d.jpg
呉羽梨「幸水」

北陸管内の日本なしの主な産地は、新潟県新潟市、加茂市及び三条市、富山県富山市及び射水市、石川県加賀市及び金沢市、福井県あわら市及び坂井市などです。

なかでも、富山県を東西に二分する呉羽山の西側に広がる富山市(呉羽地域)及び射水市(旧小杉町及び大門町)で生産される“呉羽梨”は富山を代表する夏の味覚です。
呉羽梨の主力品種である「幸水」は、シャリッとした歯ごたえに加え、果汁が豊富で甘味が強く、酸味が少ないため人気の高い品種です。  

 

 

北陸の新品種

新品種としては、新潟県が育成した「新美月(しんみずき)」、「新王(しんおう)」、石川県が育成した「加賀しずく」があります。
新潟県が育成した「新美月」、「新王」は、「おさ二十世紀」×「豊水」の交配から生まれました。
日本なしの多くは自家不和合性(じかふわごうせい:同じ品種間では結実しない性質)のため、他品種の花粉によって人工授粉作業が行われますが、どちらも自家和合性を持つ品種のため人工授粉の必要がなく、農家の労力軽減にもなります。「新美月」は9月中旬からが収穫期で甘みと酸味のバランスが良く、「新王」は9月下旬からが収穫期でサクッとした歯触りと強い甘みが特徴です。 

また、石川県が育成した「加賀しずく」は、16年の歳月をかけて育成され、平成28年3月に命名されました。現在、本格出荷に向け生産拡大に取り組んでいます。9月上旬からが収穫期で、比較的大玉で酸味が少なく上品な甘さ、ジューシーで滑らかな食感が特徴です。   

engei201608_a.jpg engei201608_b.jpg
新潟県:新美月 石川県:加賀しずく

日本なしの保存方法と食べ方のポイント

保存するときは、水分が蒸発しないようにビニール袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。保存状態が良ければ7日から10日間ぐらいは日持ちしますが、洋なしのように追熟はしないので、なるべく早めに食べるようにしましょう。
日本なしは皮に近い部分が最も甘く、芯に近いほどやや酸味があります。切り分けるときは、種の部分を大きめに切り除くとおいしく食べられます。 

日本なしの機能性

engei201608_c.jpg
夏の暑さに疲れた体へ

なしは食物繊維が豊富で、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維合わせて200g当たり1.8g含まれています。水溶性食物繊維には、急激な血糖値上昇を抑制する作用があります。不溶性食物繊維は、便の水分を適性にして柔らかくする作用があり、お通じを良くします。なし特有の歯ごたえを生む石細胞も腸を刺激してぜん動運動を助け、便通を良くする効果があります。
低カロリーで、虫歯になりにくい糖質としても知られているソルビトールは果肉200g当たり約1.6gと果物のなかでも特に多く含まれています。
また、カリウムを多く含むため、高血圧の予防効果があります。

 <資料>
   日本園芸農業協同組合連合会  「くだもののはたらき」

   果物のある食生活推進全国協議会  「毎日くだもの200グラム運動指針」 

なしを使ったレシピ

シャーベットやコンポートなどのスイーツの他、なしの食感、さっぱりとした甘みを活かした様々なレシピが“毎日くだもの200グラム!くだものレシピ”のWebサイトに紹介されています。ぜひ献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。 

 <リンク>
  “毎日くだもの200グラム!くだものレシピ”Webサイト(外部リンク)

      レシピの例
        ・韓国風 生春巻き
        ・なしのごま酢あえ
        ・なし入り冷製スパゲッテイ  他 

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:果樹係
代表:076-263-2161(内線3333)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader