このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物:4月 アザレア(西洋ツツジ)

アザレア(西洋ツツジ)とは

アザレア(西洋ツツジ)とは、ヨーロッパで、中国原産のタイワンヤマツツジや日本産のキリ
シマツツジを品種改良して作られた室内観賞用のツツジ品種群のことで、八重咲きの品種が多
く、日本のツツジに比べるとボリューム感があるのが特徴です。

日本には明治末期に主にベルギーやオランダからの輸入が始まり、昭和初期には栽培技術が確立して、日本独自の品種も作られるようになりました。

アザレアは、自然開花は4月~5月ですが、一般に露地植えされるキリシマツツジやサツキと比較して開花調整が容易なため、秋から冬(10月~4月)の室内を彩る鉢花として多く出回って
います。また、赤やピンク等華やかな花色などの品種が作り出されています。

北陸のアザレア生産 

 

北陸農政局管内における主な産地は、新潟県新潟市で、30品種程度が栽培され、主に10月から4月にかけて出荷されます。また、新潟県は品種改良の面でも大きく貢献しており、新潟県園芸研究センターでは、平成15年に「越の淡雪」、「越の舞姫」、平成17年に「ダンシングスノー」、「ももか」、「ほほえみ」を品種登録しています。また、生産者による新品種の育成も盛んに行われています。

【越の舞姫】 【ダンシングスノー】 【ほほえみ】

 

 

 

 

アザレアに関するイベント

新潟県花木振興協議会及び新潟市の共催により、平成28年秋に「新潟のアザレア」の展示が行われました。

平成29年は以下の2つの会場で展示が予定されています。
    1.場所:新潟日報メディアシッフ゜1階みなとホール
       時期:平成29年9月下旬
    2.場所:新潟市食育花育センター
       時期:平成29年9月下旬~10月上旬

 新潟日報メディアシッフ゜1階みなとホール  新潟市食育花育センター

 

 

 

 

管理のポイント

購入するときは・・・
葉の色がよく、枝が太く密生し、つぼみの大きさがそろっている株を選びましょう。また、花数が多く、つぼみがやや開きかけたものを選びましょう。

置き場所は・・・

寒さにはそれほど弱くはありませんが、冬は室内の日当たりの良い場所に置きましょう。また、夏は強い直射日光を避け、風通しの良い場所に置き、乾燥から守りましょう。

水やりは・・・

夏場はやや多め、冬場は少なくしますが、乾燥させないように注意しましょう。

花が咲き終わった後は・・・
次の年にも花を咲かせるためには、4月~5月に植え替えが必要です。鉢から抜いたら古い土を半分程度おとし、根を若干切り詰めてから鹿沼土を主体とした用土に植え替えてください。植え替えと同時に整枝も行うとよいでしょう。
 

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:花き・特産係
代表:076-263-2161(内線3333)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader