このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

今月の園芸特産作物

9月 メロン

原産地と来歴

メロンの原産地は東アフリカともインドともいわれており、中国では紀元前の文献に記録されています。日本でも弥生時代の遺跡から種が出てきています。
市販されているネット系メロンは、明治・大正時代にヨーロッパから日本に紹介されましたが高級品であったため、昭和30年代後半にプリンスメロンが登場してから一般的に食べられるようになりました。

メロンの種類

メロンは、日本で古くから栽培されてきたマクワウリに代表される東洋系とアールスメロン等ヨーロッパで改良されてきた西洋系のメロンに大きく区分されます。
プリンスメロンは西洋系と東洋系を掛け合わせて作られたメロンです。
アールスメロンはイギリス王室で品種改良されたネット系メロンで、アールスフェボリットとその系統品種の総称です。”じゃこう”(ムスク)のような香りがすることから別名マスクメロンとも呼ばれています。ハウス栽培で温度・水の管理を徹底し、1株から1個の果実のみが収穫されます。表面にネットがムラなく盛り上がっていて、果肉は緑肉で甘みに富み、とろけるような食感を持つ高級品種です。

                                                                                                                             写真提供:(独)農畜産業振興機構

メロンの生産状況

平成27年の全国のメロン作付面積は7千haで、出荷量は143千tとなっています。また、出荷量の上位5県は1位が茨城県35千t、2位が北海道23千t、3位が熊本県21千t、4位が山形県11千t、5位が青森県9千tとなっています。
うち温室メロン(アールスフェボリット系)の出荷量では、上位3県(静岡県(8千t)、愛知県(4千t)、茨城県(3.4千t))が、全国の出荷量の約8割を占めています。

メロン生産状況地図

                                                                                                                             資料: 「野菜生産出荷統計」
                                                                                                                                      上段:作付面積、下段:出荷量
                                                                                                                                      ※新潟県及び富山県は平成25年データ
                                                                                                                                         石川県及び福井県は平成27年データ

北陸地方のメロン

 ○石川アールス(石川県)

石川アールス画像

金沢市、白山市等で栽培されています。
肌が白くてきれいで甘く高品質なメロンです。
購入後は常温で保管し、メロン特有のかぐわしい香りが強くなってきたら食べ頃です。


 ○マルセイユメロン(福井県)

マルセイユメロン画像

あわら市、鯖江市等で栽培されています。
灰緑色の中に緑のストライプが入るネット系のメロン。
追熟が早く収穫後すぐに食べ頃となります。
肉質は粘質で香りが良く、赤肉です。



メロンの選び方・保存方法

ネット系のメロンは、果実が肥大する過程で表面がひび割れてネットとなります。ネットが細かく全体にまんべんなくあり、形が整っていてずっしり重いものを選びましょう。
メロンは追熟することで香りや甘みが増します。低温では熟成しないため、購入後は冷蔵庫ではなく常温で保存し、食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れると美味しく食べることが出来ます。

栄養・機能性

メロン画像メロンは、体内の塩分(ナトリウム)を排出する働きのあるカリウムやコレステロール値を抑える植物繊維であるペクチンを含んでいます。
また、γ-アミノ酪酸(ギャバ)が含まれており、この成分には血圧降下作用があることが知られています。


写真提供:(独)農畜産業振興機構 

出典:(独)農畜産業振興機構Webサイトより

お問合せ先

生産部園芸特産課
担当者:流通指導官
代表:076-263-2161(内線3335)
ダイヤルイン:076-232-4314
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader