このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

環境保全型農業


環境保全型農業は、「農業の持つ物質循環機能を生かし、生産性との調和などに留意しつつ、土づくり等を通じて化学肥料、農薬の使用等による環境負荷の軽減に配慮した持続的な農業」とされています。(「環境保全型農業の基本的考え方」(平成6年4月農林水産省環境保全型農業推進本部))です。
環境保全型農業には、たい肥等による地力の維持・増進と化学肥料・化学合成農薬の使用低減に一体的に取り組む方法(このような取組を行う者をエコファーマーといいます。)や化学肥料・化学合成農薬を使用しないこと併せて遺伝子組み換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる有機農業があります。
農林水産省では、化学肥料・化学合成農薬の低減だけでなく地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動に対して環境保全型農業直接支払交付金による支援を行っており、その他にもコンクールやシンポジウム等を開催して環境保全型農業を推進しています。

有機農業関係 (農林水産省へリンク)

環境保全型農業関連情報 (農林水産省へリンク)

エコファーマー 

環境保全型農業直接支払交付金    

未来につながる持続可能な農業推進コンクール(旧:環境保全型農業推進コンクール)

北陸地域環境保全型農業推進シンポジウム情報について   

事業評価結果の公表

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader