このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

ノングルテン認証等制度説明会の概要

作成日:平成30年3月28日

1.開催趣旨

農林水産省は、米粉の使いやすさや小麦グルテンアレルギーに着目して、昨年3月に、米粉の加工適性に関する「米粉の用途別基準」及び「グルテンを含まない米粉製品の表示に関するガイドライン」を公表しました。
日本米粉協会は、この「米粉の用途別基準」及び「本ガイドライン」を普及・定着させ、更なる米粉の利用拡大を図るため、ガイドラインに適合したノングルテン米粉製品の民間認証制度及び米粉の用途別基準に適合した米粉製品等の奨励制度を昨年29年12月20日に決定しました。
このノングルテン認証等制度の内容を広く知っていただくため、次のとおり説明会を開催しました。

2.開催日時・場所

平成30年3月19日(月曜日)
 ・第1部 13時00分~14時15分(食品関係者・団体、行政機関等対象)
 ・第2部 14時30分~15時30分(一般消費者等対象)
北陸農政局会議室(金沢広坂合同庁舎)

3.参加者等

第1部 35名
第2部 13名
講師 2名
スタッフ 2名

4.主催者等

主催者:北陸地域米粉利用推進連絡協議会、北陸農政局
後援者:石川県米粉用米等利用推進協議会、富山県食品産業協会

5.概要

  1. 開催挨拶
    冒頭、第1部は金田北陸農政局地方参事官から、第2部は俵田北陸農政局生産部生産振興課上席農政業務管理官から挨拶
  2. 「ノングルテン認証等制度」について
    第1部については那須農林水産省政策統括官付穀物課課長補佐から、第2部については出本北陸農政局生産部生産振興課行政専門員から配付資料に基づいて説明
  3. 質疑応答
    那須課長補佐及び出本行政専門員で説明事項等について質疑応答

    (主な質問等)
     ・委託製粉している場合、製品の認証を受けるには認証機関へ誰が申請するのか
     ・スイーツの場合の認証申請の種類と方法は
     ・米にはグルテンは含まれていないが、米粉にはグルテンが含まれるのか
     ・醤油はグルテンを測定しても検出されないが、グルテンフリーとの表示は可能なのか
     ・認証は工場ごとに受けるのか、製品ごとに受けるのか。また、パン等に米粉を使用していると表示しているものが色々あるが、一定割合以上米粉を使用している製品であることを認証する制度があればよいと思う
     ・国からももっとこの認証制度やノングルテン食品の普及をしていただきたい
     ・認証を受けるために必要な経費はどれくらいになるのか
     ・このノングルテン認証と世界の認証制度との関係はどうなるのか

6.配付資料

 ・米粉の用途別基準/米粉製品の普及のための表示に関するガイドライン(PDF : 1,149KB)
 ・米粉製品のノングルテン認証要領
 ・ノングルテン米粉製品認証ロゴマーク要領
 ・「米粉の利用拡大のための推奨ロゴマーク要領」の付与及び使用要領
     http://www.komeko.org/certified-point/


(参考)説明会の様子

金田北陸農瀬局地方参事官挨拶風景
金田北陸農政局地方参事官挨拶
那須本省穀物課課長補佐説明風景
那須本省穀物課課長補佐説明

 出本北陸農政局行政専門員説明風景
出本北陸農政局行政専門員説明 

質疑応答風景
質疑応答風景

お問合せ先

生産部生産振興課
担当者:行政専門員
代表:076-263-2161(内線3315、3328)
ダイヤルイン:076-232-4302
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader