このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

農作業安全対策 

農林水産省では、近年の農作業事故の状況を踏まえ、農作業に従事する者に起因する事故を防止するため、農作業安全確認運動の実施、農作業事故調査や関連資料の提供等の取組を行っています。

農作業安全の取組

農作業事故防止に向けた対策を強化するため、毎年、春(3~5月)と秋(9~10月)を重点期間として、全国の関係団体・企業等と一体となって、ポスターやステッカー等の啓発資材を活用した農作業安全確認運動を実施しています。
また、農業者等に対し、研修会・講習会等においてパンフレットを活用し、農作業事故による負傷、疾病、障害、死亡等に対して保険給付を行う労災保険への特別加入の推進を実施しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

   

労災パンフ

2017年農作業安全ポスター
(PDF : 301KB)
2017年農作業安全ステッカー
(JPG:60KB)
農水省、警察庁、JA共済の
共同チラシ(PDF : 357KB)
労災保険特別加入促進パンフレット
(PDF:1,628KB)

農作業安全対策情報 (農林水産省へリンク)

農作業死亡事故の概要

平成27年の全国の農作業死亡事故件数は338件(前年△12件)、北陸管内では14件(前年△9件)発生しており、うち65歳以上の農業者の事故割合は全国で84%、北陸管内では86%を占めています。

要因別事故発生状況については、全国では乗用型トラクターによる事故が最も多く101件(30%)、北陸管内でも乗用型トラクターによる事故が3件(21%)と最も多く、次いで農用運搬車が2件(14%)となっており、死亡事故に占める農業機械作業に係る事故は64%と高くなっています。

 

 

 

 

農作業死亡事故調査(公表)(農林水産省へリンク)

お問合せ先

生産部生産技術環境課
担当者:資材対策係
代表:076-263-2161(内線3358)
ダイヤルイン:076-232-4893
FAX:076-232-5824

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader