このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

平成29年産水稲の作付面積及び予想収穫量(10月15日現在)(北陸)

平成29年10月31日
統計部 公表


- 10a当たり予想収量は529kg(作柄が良かった前年産に比べ38kg減少)の見込み -

結果の概要

  1. 北陸地域における平成29年産水稲の作付面積(子実用)は20万4,100haとなり、前年産に比べ1,500ha減少した。このうち、主食用作付見込面積は18万100haとなり、前年産に比べ2,000haの減少が見込まれる。
  2. 10月15日現在における水稲の10a当たり予想収量は529kgとなり、作柄が良かった前年産に比べ38kgの減少が見込まれる。また、農家等が使用しているふるい目幅ベースの北陸の作況指数は98と見込まれる。
  3. この結果、作付面積(子実用)に10a当たり予想収量を乗じた予想収穫量(子実用)は107万9,000tとなり、前年産に比べ8万6,000tの減少が見込まれる。このうち、主食用の予想収穫量は、95万2,100tとなり、前年産に比べ7万8,900tの減少が見込まれる。

icon_arrow1.png 【解説・統計表】(PDF : 644KB)

図1 県別10a当たり予想収量(10月15日現在)


 ・作付面積(子実用)とは、青刈り面積(飼料用米等を含む。)を除いた面積である。
 ・主食用作付見込面積とは、水稲作付面積(青刈り面積を含む。)から、生産数量目標の外数として取扱う米穀等(備蓄米、加工用米、新規需要米等)の作付面積を除いた面積(見込み)である。
 ・10a当たり予想収量及び予想収穫量は、1.70mmのふるい目幅で選別された玄米の重量である。 

全国の作柄概況はこちら(農林水産省へリンク)

お問合せ先

統計部生産流通消費統計課
担当者:生産統計第2係
代表:076-263-2161(内線3643)
ダイヤルイン:076-232-4895
FAX:076-234-8332

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader