このページの本文へ移動

北陸農政局

メニュー

更新日:平成28年12月19日
担当:統計部

平成28年度農林水産情報交流ネットワーク事業情報交流モニター交流会の概要 

北陸農政局では、農林水産情報ネットワーク事業の生産者(農業・漁業・林業)モニター、流通加工業者モニター及び消費者モニター相互の情報交換と農林水産行政施策に関する理解の増進を図ることを目的とし、平成28年11月21日(月曜日)に金沢広坂合同庁舎において、「平成28年度農林水産情報交流ネットワーク事業情報交流モニター交流会」を開催しました。

開催日時及び場所

  • 日時:平成28年11月21日(月曜日) 11時45分~16時00分
  • 場所:金沢広坂合同庁舎(金沢市広坂2-2-60)

参加者

  • 外部講師      1名(青木クッキングスクール)
  • モニター        合計26名    生産者モニター7名、流通加工業モニター2名、消費者モニター 17名
  • 北陸農政局  10名(木内局次長ほか 9名)

交流会のテーマ(説明した行政施策)及び講演者

  • テーマ「食をつなぐ輪「和食」」
  1.   和食文化の継承の取組について
    (講演者:経営・事業支援部  地域食品課  石川課長補佐(食育推進))
  2. 「食文化の継承意識」に関するアンケートの概要について
    (講演者:統計部  統計企画課  大島情報調整官)
  3. 伝えたい和食の魅力
    (講演者:青木クッキングスクール  青木校長)

交流会の概要

あいさつを行う木内局次長

あいさつを行う木内局次長
  • 木内局次長から「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことから、和食文化の底流にある自然の尊重という精神とおもてなしの心を次世代に継承して、豊かな食文化を持つ国づくりに一人ひとりが担い手になっていくことが必要とのあいさつ後、テーマの内容について各講演者が説明を行い、和食にかかわる課題や展望などについて意見交換を行いました。

お問合せ先

統計部統計企画課
担当者:情報調整官
代表:076-263-2161(内線3625)
ダイヤルイン:076-232-4892
FAX:076-234-8332

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader