このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

田おこし・代かき(しろかき)

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

田おこし・代かき

     
  江戸時代(元禄)     昭和30-40年代     平成元年~  
  江戸時代

人の手で鍬(くわ)や鋤(すき)を使って田をおこし、しろかきします。このとき、肥料もまきました。牛や馬を使ったところもあります。

    昭和30-40年代

人の力や、牛や馬を使ったりして田をおこします。そろそろ耕耘機(こううんき)も登場します。(昭和36年  長野県松本市)

    平成元年~

トラクターを使って田を起こします。(平成2年  岡山県岡山市)


平成元年~

やはりトラクターを使って代かきをします。(平成2年  岡山県岡山市)

 
     

写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。


│田おこし・代かき│苗つくり田植え草取り・水の管理その他稲刈り・脱穀乾燥・もみすり


 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ