このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

苗(なえ)つくり

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

苗つくり

     
  江戸時代(元禄)     昭和30-40年代     平成元年~  
  江戸時代(元禄)

苗を育てる田んぼを苗代(なわしろ)といいます。土を水でやわらかくこねた苗代にたねもみをまき、苗を育てます。水苗代というやり方です。1ヶ月くらいしたら育った苗を手で引きぬきます。

    昭和30-40年代

苗代の床を少しあげ、その上へたねもみをまき、上に油紙かビニールをかぶせて苗を育てます。この保温折衷苗代(ほおんせっちゅうなわしろ)というやり方で、苗の育つのも早く、また良い苗がとれます。(昭和41年  山形県酒田市)

     平成元年~

うすい箱に土を入れた田植機(たうえき)で植える小さな苗をつくります。機械(きかい)が自動にもみをまいてくれます。苗はあたたかいビニールハウスの中で育てます。(平成6年  新潟県黒埼町)

 
     

写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。


田おこし・代かき│苗つくり│田植え草取り・水の管理その他稲刈り・脱穀乾燥・もみすり


 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ