このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

草取り・水の管理(かんり)・肥料(ひりょう)・防除(ぼうじょ)

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

草取り・水の管理・肥料・防除

     
  江戸時代(元禄)     昭和30-40年代     平成元年~  
  江戸時代(元禄)

雑草(ざっそう)がでると、人の手でとります。田んぼのイネに必要な水は、おけを使って人の手でくみあげることもあります。

    昭和30-40年代

農薬をまいて、虫がついたり、雑草が出たり、病気になったりしないようにします。また、肥料をまいて丈夫に育つようにします。(昭和42年)

    平成元年~

今はあまり農薬を使わないやり方もいろいろ考えられています。その中に「アイガモ農法(のうほう)」があります。田んぼにアイガモをはなすと、アイガモが田んぼの土をかきまぜ、雑草や虫を食べてくれるので、農薬を使わないですむのです。(平成5年  福岡県桂川町)

 
     

写真をクリックすると大きな画像で見ることができます。

 

田おこし・代かき苗つくり田植え│草取り・水の管理その他│稲刈り・脱穀乾燥・もみすり


 │昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニちしき


参考にした本・ホームページ