このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

カレーはどこから来たの?

  • 印刷
トップページ 昔といまのコメづくり 食卓にとどくまで 農産物たんけん隊 情報コーナー ミニミニちしき

カレーはどこから来たの?

インドのカレーと日本のカレー、写真でくらべてみると、こんなにちがうのです。
材料もちがいます。インドのカレーが日本にどうやって伝わってきたのでしょう?

インドのカレー画像 日本のカレー画像
インドのカレー日本のカレー
右から時計と反対回りにオクラ炒め、レンズ豆のカレー、タラの辛いカレー、マトンカレー、ヨーグルト。ステンレスの器にもりつけます。これがインドのフルコース。右手を使って食べます。 おなじみのじゃがいも、にんじん、タマネギ、お肉の入ったカレー。スプーンを使って食べます。

カレーの歴史

世界地図
カレーは18世紀、インドからイギリスに伝わりました。イギリスはインドを植民地(しょくみんち)として支配しはじめており、インドのベンガル地方の総督(そうとく)だったイギリス人がしょうかいしたといわれています。
19世紀、イギリスで初めてカレー粉が作られました。インドにはカレー粉というものはなく、いろいろなスパイスを組み合わせて、カレーの味をつくっているのです。もうひとつ、インドのカレーとのちがいは、小麦粉でとろみをつけたところです。

 

明治(めいじ)時代は、アメリカやヨーロッパの文化が日本に積極的に取り入れられ、その中でイギリスからカレーが伝わりました。そのころの『西洋料理指南(しなん)』という料理の本に、カレーの作り方がしょうかいされています。なんと、この本には、カエルや長ネギを使うように書いてあり、今のカレーとはちょっとちがうようです。
その後、カレーの材料であるタマネギ、ジャガイモ、ニンジンが日本でも北海道を中心にたくさん作られるようになり、また国産の安いカレー粉が広がり、大正時代に今のような日本のカレーライスのもともとの形ができました。日本のカレーはインド生まれ、イギリス育ちでしたが、今わたしたちが食べているカレーはインドのカレーとも、イギリスのカレーともちがう料理なのです。

タイのカレー

タイではカレーのことを「ゲーン」と呼びます。ナムプラーという魚からつくる調味料や、ココナツミルクを使うのは、日本ともインドとも違いますね。
グリーンカレー レッドカレー
材料:エビ、ナス、ココナツミルク、さとう、ナムプラー、グリーンカレーペースト、コブミカンの葉 材料:鶏肉、タケノコ、ココナツミルク、レッドカレーペースト、さとう、ナムプラー、コブミカンの葉

日本にこんなカレーもあったよ!

日本でも昭和の初めには、地方によっていろいろなカレーが食べられていました。身近なところでたくさんとれる野菜や魚、肉を使って、みなさんも自分だけのカレーをつくってみませんか?
北海道
タコのカレー
福島県
ほっき貝のカレー
熊本県
馬肉のカレー
明治の初めに開拓使(かいたくし)が広めた洋食の代表がカレーライス。海に近いので、肉ではなくタコやイカなどが使われました。 この地方ではたくさんとれるほっき貝を肉のかわりに入れたカレーライスをつくりました。 熊本県では、馬の肉をたべる習かんがあります。そこで、こま切れの馬肉でカレーライスをつくったのです。

おせち料理カレーライスみそしる


昔といまのコメづくり食卓にとどくまで農産物たんけん隊情報コーナーミニミニ知識


参考にした本・ホームページ